2017年10月16日

ペンSモノクロ

先週になりますが、休みを取って伊豆方面へ行ってきました。
ペンSにロモのモノクロを詰めて持って行ったのですが、モノクロで撮りたい場面になかなか出会わず、帰りがけに寄った熱海で例の機関車を撮ってきました。
img189bs.JPG
数年前に展示場所が変更になり観察はしやすくなりましたね。
img193aa.JPG
本当に歩道のど真ん中にあります。
キャブの中もしっかり見えて、小型機関車の模型製作に参考になると思います。
IMG_0033.JPG
部品の欠落はあるんでしょうけど、雰囲気はわかりますね。
(キャブ内の写真のみデジカメ)

それはさておき、ペンの描写ですが、やはりというかカラーよりもモノクロのほうがいい感じです。
img191bs.JPG商店街の路地

img193bs.JPG熱海の神社と言えばここ
img194as.JPG

帰りがけに小田原城にもちょこっと寄り道
img195as.JPG
フィルムの種類によるのかもしれませんが、大伸ばしにも耐えられそうな感じです。

posted by 小倉工場 at 23:40| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

初めての

初めてのハーフサイズ
IMG_9929.JPG
少し前にちょっとブームになっていましたが、ペンというとレンズの周りにセレンの受光部の付いたEEカメラっていうイメージが強くてなかなか手が出ませんでした。
でもこいつは露出計の入っていない全くのマニュアルカメラで、後塗りのブラックも綺麗そうなので、つい手を出してしまいました。
ハーフサイズってライカ判の半分ですけど、デジタルのAPS-Cの受光部分とほとんど同じ面積なんですね。
目測の距離合わせですが、最少撮影距離が0.6mで、私が手を伸ばした長さと同じなんで、気楽にシャッターを押せます。
なんたって、いくら撮ってもフィルムが無くならない感じです。(笑)
img137a.JPG
これが0.6m
遠景、中距離はというと・・・
img149a.JPG

img151a.JPG
もう目測は怖くない!なんてです。
シャッターも程よく軽く、低速シャッターでもあまりぶれません。
img145a.JPG
ちょっと入れ込みそうですね。
次はモノクロです。
で、このフードですが、距離環のところにネジが切ってあったんで測ったところ、34o。
ってことは、キヤノンの35oやズマールのフィルター径と同じなんで、手持ちの標準用と称するフードを付けたところピッタリ
効果もそこそこ有りそうだし、ケラレもありません。
posted by 小倉工場 at 23:17| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

M5とエルマー

軽便祭 参加してきましたが、レポートは例によって皆様にお任せで、その周りのことを少し。
会場は人形町の綿商会館で、周辺のちょっと趣のある建物も健在でした。
img128.JPG
初めて見たときよりもだいぶ看板は少なくなっている気もしますが・・・
駅のすぐ前にはこんなのもありました。
img127.JPG
今回、模型の撮影はコンデジ、その他はM5にエルマー
このエルマーですが、入手の段階ではフレアーが結構出たためじっくりと撮ったことがなく、今回M5の内面反射を何とか克服した(と思われる)のでフィルム1本、ほかのレンズに替えることなく撮ってみました。
すると、結構いいんですね。
祭りの日ではないですが、なかなか私好みの描写です。
img112.JPG吉祥寺

img114.JPG神保町

img115.JPG
img119a.JPG水道橋

でも、今回本当に気に入ったのは人物の描写 これは暗い居酒屋で、F2.8(開放)1/15位なのですが、M5の重さのせいで手振れもなく撮れました。
img124.JPG
どうでしょうか。
レンズやカメラのせいじゃなく被写体が良いのだ!という声が聞こえるような気もしますが。
posted by 小倉工場 at 23:49| Comment(5) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

キハ1

IMG_9694a.JPG
突然ですが、キハ1のその後です。
もうすぐ祭りなんで、何か模型を弄らねばというかそろそろキリをつけねばというところです。
デカールは用意していたのですが、いざ貼ろうと思ったらやはりデカい。
雨どいとヘッダーの間隔がどうも実物より狭い感じがしますね。
ってことで、デカール作り直し。
車体表記はちょっと大きいんですが、大きさをスケール通りにすると文字が読めなくなります。
どちらがいいか、まあ自分の模型なんでこんな感じで・・・
IMG_9691.JPG
後は、クリアーを吹いて、窓をいれて完成ですけど、夏姿(窓があいている状態)って結構面倒くさそうです(笑)。
posted by 小倉工場 at 23:26| Comment(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

ルート66−50

とうとう8月も終わり、なんか夏もどこかへ行ってしまった感じです。
8月は終わりに日光、那須へ行ってきましたが、その前に近場でアメリカンな雰囲気を楽しんできました。
ルート66−50 国道16号 横田基地横 
IMG_9103a.JPG
横田基地はカリフォルニア州だとかいう話もありますが、正式にはそんなことは無くて、アメリカ国内郵便の関係でカリフォルニア州の住所もあるとかなんとかのようです。
いつもは車で通過してしまいますが、歩いてみるとなかなか雰囲気がありますね。
IMG_9084a.JPGimg922.JPGimg923.JPG

食べ物もおいしいものが沢山あるし!
IMG_9114a.JPG大多摩ハムレストラン

こんなのもいるし
IMG_9126.JPG

何時でも行けるところでもあるし、また違ったホットドックを食べに行きたいですね。
posted by 小倉工場 at 23:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

小湊鉄道

22日 昨日ですけど、小湊鉄道を訪問
初めて訪れたのは3年前のブログにも書きましたが、40年前
(大学1年の鉄研新入生歓迎旅行でしたから正確には41年前)
その後、息子が生まれたころに一回行っているので、30年ぶりです。
でも、いろいろなところに登場している鉄道なんで、なんかいつも身近に感じていました。
img五井.JPG
五井の車庫 好いですよね。
imgキハ.JPG
30年前は自由に工場内に入ってしまった記憶があるのですが、さすがに今は無理
でも保存蒸気の程度は良いですし、一言声をかければ割合自由に構内を歩ける感じでした。
img蒸機.JPG
以前と場所というか並べ方が違うのですが、屋根も付き大事にされていることがよく解ります。
無題-スキャンされた画像-e.JPGこちら、40年前の写真

で、例のトロッコ列車が見たくなり、上総牛久まで乗車
DMH17とDT22の乗り心地はやはりスパルタン!
線路状態も悪いというよりもともと規格が低い感じで、まあ、楽しい揺れでした。
IMG_8777.JPGIMG_8825.JPG
トロッコ列車は一日3往復で、夏休み最初の土曜日というのにガラガラでしたが、時間の関係で乗車はパス
ちょっと歩いて走行写真を
imgトロッコ.JPG
この機関車ですが、ドレインまで出るようにしてあって、スポーク車輪にしてロッドを何とか復活できれば四国のクラウスに匹敵するのではと思いました。形は悪くないと思います。

上総牛久の町はお祭りでしたが、やはり縁日は夕方からなので人出はなく良い意味での田舎の町
IMG_8803.JPG
IMG_8799.JPG
久しぶりに見たナショナル坊や
IMG_8793.JPG
駅に戻ると、改札前に打ち水がしてあり、なんか昭和の時代に戻ったような懐かしい雰囲気を感じてきました。
IMG_8815.JPG

今回はフィルムメイン ライカVfにズマール 広角の写真はキヤノンパワーショットS100(もう古いね。でもよく写る。)
posted by 小倉工場 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

T70-2(NFD35-70~A1)

前回の続き
IMG_8303.JPG
このレンズ、内側の溝凹の部分に前群レンズを押えてヘリコイドを回すリングの外側の凸部分が入りズームにも対応するという構造なんですが、この凸部分の周り?についているゴム製のパーツが溶けてしまいガタが生じるということのようですね。
で、ばらして凸部分の幅が約4ミリとなるようにゴムなどの小片を接着して、一応修理完了
もう一本の方も同様の加工をしました。
ピントですが、一眼レフなので無限遠が出れば一応写真は撮れるはずと思います。(光軸のずれとかはもう考えないことにします。)
試写は、A-1で・・・なんて思ってますが、いろいろと着せ替えをして遊んでいます。
IMG_8310.JPG
IMG_8309.JPG
IMG_8307.JPG
上から、ノーマル ワインダー モードラ(乾電池12本!凄い、重い!)
でもA-1 格好良いですよね。
posted by 小倉工場 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

T70-1

7DK_2234s.JPG
キヤノンt70です。
今となっては値段も付かず、少し前まではヤフオクなどにも出ていましたが、電池蓋が駄目なものが当たり前と言ったプラスチックカメラ・・・
でも私にとっては初のキヤノン一眼レフで、EOS導入まではメインカメラでした。
最近A‐1とか買ってしまい、久しぶりに動かしてみたのですが、全く問題なし。
しかし、レンズが問題  
この頃のAシリーズやTシリーズの標準ズームだったNFD35-70f3.5-4.5なんですが、ピントリングにガタが生じている。
程度のいいものを探そうかと思ったのですが、この時代のキヤノンのレンズ、特にこのレンズはゴムのスペーサーみたいな部品が溶けてしまい、例外なくこのような状況になるようで、ズームレンズの修理なんてとても無理と諦めていました。
が、ジャンクコーナーに割合多く転がっているし、ダメもとで1本購入し、ばらしてみました。
すると、何とかなりそう。
ガタは無くなりました。
一応のピント調整もでき(た気がしている。)
近々試し撮りを なんて考えております。
posted by 小倉工場 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

尾小屋キハ1(日車軽便気動車)

昨日は久しぶりに塗装作業をしたので、それに伴う工作です。
ほんと〜に久しぶりの模型ネタです。
ワールド工芸ほどではないですが、モデルワーゲンでも動力装置の組み立て前には下回りの塗装が必要となります。
本来ならば、ホジ3の上回りの塗装にかかるべきなのですが、こいつは屋根がロスト一体で、もう少し側板との密着というか、なじみを何とかしたいと思い、キハ1の動力に手を付けた次第
IMG_8020.JPG
こんな感じになります。何回も組んだ動力で問題は無いと思いつつ、調整でどうせ剥げるからと思い車輪の押え板を塗らなかったら調整の必要は全く必要なしで、こんなことなら・・・と思った次第
IMG_8034.JPG
走行は、前進後進でほんの僅かの差は有るように感じますが、これはモーターの特性かもしれません。
ギヤー音はほぼ皆無
この動力はウォームホイールが連動ギヤの間に入る方式なので、調整というよりは真ん中に設置すればギヤの遊びもなく非常に良いものなのですが、最近のエッチング主体のキットからすると組み立てにくいのかもしれません。
それはさておき、尾小屋キハ1、今でこそ軽便気動車の代表選手で、猫屋線のプロトタイプにもなっていいますが、日本車両の標準型で、あちこちに同型車が存在しています。
有名どころでは、仙北〜沼尻のキハ2401
IMG_8048.JPG
前後に荷台が付いていますが、荷台をはずすと
IMG_8047.JPG
ほぼ同じ。
以前、この沼尻のキハが発売されたとき森川さんに、これで尾小屋キハ1ができるのでは?とお聞きしたところ、窓配置の外に屋根の深さが違うので、簡単にはいかないと伺ったことがあります。
でも、この2種類のボディがあれば、コンバージョンキット形式で日車型気動車はすべて作れるなんてのはどうでしょうかねぇ。

IMG_8042.JPG
posted by 小倉工場 at 21:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

内面反射

ライカM5 某方面から格安の移籍金で我が家に来てから2年 現状・保証なし(笑)で、ファインダーの清掃とかシャッターの調整などはプロにお願いし機能的には快調なのですが、一つだけ持病が残っていました。
内面反射によるフレアーというか光漏れのようなものです。
最初はシャッター幕からのものと思っていたのですが、修理していただいた方によれば、これは内面反射だ。とのこと。
どんなものかというと
img044.JPG
画面左下の三角形のようなものです。よく見るとその右上にさらに大きな三角形のフレアーのようなものも見える。
他のカメラ(バルナックやキヤノンのRF、ベッサなど)ではこんなことは皆無だし、すべてのコマがこのようになる訳ではなく、レンズや光線の加減によって出るようです。とりあえず光っているところやM5独特の露出計受光部などの反射対策をしたのですが、改善せず。
あと、光っているものは距離計の連動コマしかないけどここは黒く塗る訳にはいかない。
キヤノンのVTやPはこの部分に遮光目的と思われるカバーが付いているのでここに違いないと思いちょっと工夫して遮光カバーを付けて、自信満々でISO400を詰めて撮影したところ
img343.JPG
ガーン!です。いまだかつてない状態に。
同じフィルムでも、綺麗に撮れているコマもあり・・・
img352.JPG
どこが悪いのか、と頭を抱えたのですが、M型ライカは裏蓋が外せるので、バルブにして後ろから見たところ、レンズマウントの金属部分の形状がフィルム室の側面に写って見えるのです。黒い色は当然塗ってあるのですが、反射防止効果が無くなってきているようです。
艶消し塗料を塗ってもいいのかもしれませんが、反射防止の植毛布を貼ってみました。
早く結果が見たいので、モノクロで撮ってみましたが、同じような光線状況でも大丈夫なようです。
img374.JPG
心なしかコントラストが強くなった感じがしますが、どんなもんでしょうかねぇ。
(カラースコパー35o シーガル100 SPD20℃ 4分15秒)
posted by 小倉工場 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

桜2017 U

どうしても青空と満開の桜を見たくて、遠征です。
去年、一昨年と富士吉田へ行っていたのですが、
今年は以前から行きたかった高遠へ。
山梨から長野はちょうど桜の盛りで、中央道はあちこちで素晴らしい景色を見せてくれました。
伊那へ着いて、高遠城址公園への手前 六道の堤
IMG_7590s.JPG
なんか、出来過ぎの風景ですが、綺麗です。

城址公園では20日に満開宣言されていましたが、まだまだ踏ん張ってくれていて、南アルプスの山並みとの共演を見せてくれました。
7DK_2488s.JPGIMG_7594s.JPG

もちろん、公園内も・・・
IMG_7628s.JPG

これで、今年の桜はお終い。

posted by 小倉工場 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

桜2017

今年の桜は・・・・
やはり、満開と青空はダメでしたね。(東京では)
7DK_2363s.JPG

7DK_2365s.JPG

花そのものは綺麗に咲いてました。
7DK_2395s.JPG7DK_2351.JPG
ただ、青空が〜
こちらは、満開1週間後の遅咲きの桜
好いところを切り取って青空と。
IMG_7518s.JPG
気持ちいいですね。
やはり、何とか遠征して満開と青空を狙うか・・・
posted by 小倉工場 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

ブローニー2

ブローニーのカメラですが、蛇腹のコンパクトさもあって安易にシャッターを切っていたのですが、やはりシビアです。先端のレンズシャッターレバーをボディのシャッターから押すので結構な抵抗もあってどうしても手振れの問題があります。
最高速の1/250秒であれば何とかなりますが。
しかし、きちんと撮れた場合はさすが中判です。
img072ss.JPG
先日行った木更津の江川海岸ですが、2400dpiでスキャンしたもの中央部を切り取ったもの。
もとはこの電柱の風景
img072s.JPG
あっ、この写真を拡大してもダメですよ。元の写真はデータが大きすぎるので、この写真は縮小してあります。
他には、こんなのも
img077ss.JPG
元の写真
img077s.JPG
まあ、このカメラはトリプレットのレンズなんで、今のカメラならもっときれいな写真になるのでしょうが、大きなフォーマットの雰囲気は十分わかると思います。
しかし、この高密度のデータをどう使うか・・・
無意味な重いデータかなー
posted by 小倉工場 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

ブローニー

今年の年初から中判カメラに興味が湧いていたんですが、ひょんなことから6×9のカメラを入手
IMG_6658s.JPG
フォクトレンデル(フォクトレンダーとも呼びますが)のベッサTというカメラです。
このサイズは、以前にも弄ったことがありましたが、http://kokura-sakai.seesaa.net/archives/200802-1.htmlこのときは蛇腹に穴が開いていたようだったりして本気で撮ることはありませんでした。
ツアイスイコンは戦前のカメラですが、今回入手のは戦後のカメラです。両方とも距離計は無い目測のカメラですが、製品としてに20年位の差があり使い勝手はだいぶ違います。
IMG_6683s.JPG
見た目はそんなに違いがありませんが・・・
シャッターがレンズ周りからボディシャッターに替わっているし、レンズもだいぶ明るくなっています。6.3→4.5
ファインダーも光学式になっていたり、巻き止めはありませんが、二重撮り防止装置もあり。
ところが、試写をしようとしてフィルムを買いに行ったのですが、9年前は一本ずつ売っていたフィルムが5本ワンパックでしか売っていないんですね。
IMG_6675s.JPG
裏紙も黒ではなく白い。もう背面赤窓式のカメラなんて使う方がおかしいのかもしれません。
でも、このコンパクト感は何とも言えませんし、もうすこし遊ぼうかなと思ってます。
IMG_6689s.JPG
単独距離計も買ってしまったし・・・
IMG_6667s.JPG
posted by 小倉工場 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

富士山

去年の秋、車の中からちらっと見えた景色が忘れられず、撮りに行ってきました。
都内からでも見えますが、結構障害物もあったりして写真を撮る気にはなかなかなりません。
場所は、村山貯水池というか、私は多摩湖と呼んでます。
朝から雲一つない天気で、多摩湖の堰堤からはスカイツリーもしっかりと見えます。
7DK_2073s.JPG
ところが、富士山は全然見えない。
方向はこちらと思って、目を凝らしたら、何とかぼーっと
7DK_2099s.JPG
まあ、太陽が落ちればシルエットになる筈だとじっと我慢
7DK_2118s.JPG
日が沈むと・・・
7DK_2144s.JPG
出ました!
位置関係があまり良くないのですが、実は綺麗なのはこれからで、青が残っている空との対比が何とも言えない。
でも、目で見るのはいいんですが、写真では・・・
7DK_2164s.JPG
無理に空と月や星を入れると、富士山はゴマ粒になってしまう(笑)
で、写真としては7DK_2169.JPG
この位ですね。
でも、雰囲気がいいのは、さらに暗くなったこれ。
7DK_2182s.JPG
posted by 小倉工場 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

SOOKY-2

img414.JPG
SOOKYのカラー写真です。
やはり、キレのある描写だと思います。
色も文句なしです。
img423.JPG
硬いだけでなく、このような小さく丸いものでも浮かび上がるような写りです。
植物以外でも
img421.JPG
霜の質感も良く出てますが・・・
NOT FOR HIGHWAY USE の文字
一輪車でどうやってハイウェイを走るのか(笑)
posted by 小倉工場 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

2017年初

遅ればせながら、あけまして おめでとうございます。
2年ぶりの新年初蒸機です。
いつも通り、長瀞へ行こうかと思っていたのですが、秩父鉄道のHPを見たら、1月7日、8日は特別運転で、西武秩父から三峰口までの往復しか走らないということで、危うく空振りをするところでした。
西武秩父発12時19分 入線は11時29分ということなのですが、どういう風に入るかがわからず、西武秩父で聞いたら三峰口方面からの入線ということなので、影森方の踏切で入線を待っていたら、お花畑の方から汽笛が・・・
7DK_1920.JPG
あれっと思う間に目の前を通り過ぎ
7DK_1922.JPG
西武秩父入線のための電気機関車を最後尾につけてましたが、完全なぶら下がりですね。
7DK_1929.JPG

後追いで、隣の影森へ行くと、西武秩父への入線待機をしていましたが、写真を撮っている人が殆んどなし
7DK_1938.JPG
もう、蒸気機関車が走るということだけで人が集まってくるってのはないんでしょうね。
西武秩父への回送発車後、影森で1時間くらいボーっとして戻ってくるのを撮影
7DK_1981.JPG

駅までは登りなんで、そこそこの煙でした。
7DK_1997.JPG

この後はまた後追いで三峰口まで行き、発車を見送り秩父まで戻ってきました。
7DK_2016.JPG

結局C58を追いかけまわした一日でしたが、やはり汽笛とブラストを聞くとわくわくしてしまいます。
なんだかんだ言っても、蒸機はいい!

posted by 小倉工場 at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年最終日

ここ数年、年の終わりは古い写真をアップしています。
今年もなんですが、特にテーマは無し
なんとなくの写真です。
とにかく古いということで、
img363.JPG
1971年3月 飯山です。
私が現役で見た唯一の8620です。
これ以来、8620が一番格好良いと今に至るまで思い込んでます。
続いては、1973年1月3日
img352.JPG
場所は、町屋です。
母方の祖母の家が町屋にあり、この年は、この後浅草、上野経由で帰ってきました。
で、上野駅
img357.JPG
あさまの手前のホーム上に注目ですね。
やまびこのヘッド―マークがあります。
あさまみよ(34)あずさ、ひばりはマルマル(00)と、ときのサンパチ(38)エルの特急
何かの雑誌に出ていたのだと思いますが、これの意味が分かる人はオジサン(笑)です。
続いては、ちょっと後になりますが、房総急行の写真です。しかし、これをどうやって撮ったのか記憶がありません。お茶の水だとは思うのですが。
img375.JPG

今年は、というかここ数年はあまり模型も作らず、古いカメラに嵌ってますが、来年はまた模型の時間も作ってゆきたいと思います。
で、今年の最後は、私を軽便の世界に引き込んだ(と思う)頸城コッペルと45年前の私ということで・・・
では、良いお年を!
img382.JPG

posted by 小倉工場 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

SOOKY

IMG_5952.JPG
SOOKYです。箱にはSOOKY-Mと書いてあります。
ネットではSOMKYという表記も見られます。
NOOKYはバルナック用として有名で、M型の接写についてはデュアルズミクロンに眼鏡を付けるのが当たり前と思ってましたが、これを見つけてつい・・・
NOOKYはエルマー用とズミタール、ズマールUヘクトール用がありますが、SOOKYはズミクロンが付けられる。
沈胴はそのまま、固定鏡胴のはレンズ部分を外し付属のリングで装着するというなかなか凝った造りです。
正直いってズマール+NOOKYは、ピント合わせもやりやすいとは言えず、腕も悪いのでしょうが写りもまあこんなもんかなといったところでしたが、こいつはM型ファインダーの見え方そのままでクリアー!、写りも
img276.JPG

img279.JPG
さすが、ズミクロン!
がちがちな感じだけど、私好み
あと、SOOKYにはMエルマーも取り付けられるということですが、ネットではアダプターを付けないとピントが合わないという記事がいくつかあり、そのままでは後ピンになるとか。
で、試してみました。(50of2.8沈胴)
img284.JPG

img283.JPG
ツバキのプレートは、ツの字に、Ufはファインダー前面にピントを合わせたつもりです。
ズミクロンはちょっと絞って手持ちですが、エルマーは三脚に取付け絞り開放
そう言われれば後ピンかなぁという気もしますが、ほんの数ミリ、私にとっては許容の範囲です。
早く結果が見たいためモノクロで撮影し自家現像ですが、今度はカラーで試したいと思ってます。

img274.JPG

こちらは、SOOKYで撮ったNOOKY

(モノクロの写真はすべて本日撮影  ライカM5 SOOKY+ズミクロン50of2.0&エルマー50of2.8 シーガル100 ミクロファイン原液20℃10分) 

posted by 小倉工場 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

今年の紅葉

今年の紅葉、といっても隣の小金井公園の話ですが、期待外れというか色が変わらずに枯れてしまったって感じ。
もうすぐ、そのうち、そろそろと思っているうちに枯れ枝になってしまいました。
先週末、何とか最期の楓を撮影
img270.JPG
img221.JPG

銀杏は毎年きちんと黄色になるのに、楓は年によって赤くなり方が違うようです。
日照時間とか、気温の変化とかも影響するんでしょうね。
img259.JPG
こちらは銀杏 これも散る寸前

3枚とも撮影は先週の日曜日 Vf キヤノン35of2.8 富士フィルムネガ
posted by 小倉工場 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする