2008年02月27日

古いカメラ

古いカメラの続きです。
三脚のねじ穴についてはステーを介して固定するようにしました。
このカメラですが、単にカメラにねじが切ってあるだけでなくこれにねじ込むパーツがあるんです。このパーツでステーを挟み込むことにしました。

ジンプレックス4

このカメラ、たたむとこんなに薄くなります。蛇腹カメラは皆そうなのですが、なかなかかっこ良いですね。
それと、ねじ穴が二箇所に切ってあり、縦位置にも横位置にも出来るってのは今のカメラにはないところですね。

で、こんな感じにセットすることにしました。
横のT70は露出計と距離計代わりです。(ステーのストッパーの意味もあり)
このカメラは露出計が無いのは勿論、距離連動どころか目測方式ですので・・・

ジンプレックス3
これだけのシステム(笑)になると持ち運びも大変で試写は週末になると思いますが、また雪、雨か・・・


posted by 小倉工場 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

古いカメラ

1月末から殆ど雨か雪の日で、特に週末になると必ず雪が降ります。流石にこの天気では塗装作業が全く出来ず、従って8tボギーも進展なしです。
そこで、ちょっと寄り道というか古いカメラのことを少々
ジンプレックス1
ツアイスイコン ジンプレックス 1934年頃のカメラのようです。フィルムサイズは6×9 レンズは10.5センチ(ミリ表示ではないんですね。)f6.3
シャッターはT,B,25,50,100,125まで、今からするとトイカメラみたいな性能かもしれませんが、70年以上前ではどうだったのでしょうか。
このカメラ、知人からお預かりして試写などしているのですが、蛇腹に光漏れがあるようで前回の試写ではあまり満足のゆくものではありませんでした。今回再チャレンジですが、どうなりますか。

ジンプレックス2



ご覧のように、レンズは綺麗です。ただ、この時代は今のようなコーティングは無かったようですね。
あと、問題がひとつあります。
絞り込んだ場合、シャッタースピードが50分の一とかになるんですが、三脚のねじ穴が今とはぜんぜん違うのです。これも何とかしなければいけません。
posted by 小倉工場 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする