2016年02月17日

コニカU-3

さて、このカメラの写りですが、レンズは当然固定 ヘキサノン50o/F2.8ですが、こんな感じに写ります。
無題-スキャンされた画像-22.JPG
どうでしょうか?
なかなか繊細だと思います。
ズミクロンとはどうかというと
コニカU6.JPG
こちらがヘキサノン
そしてこれが
無題-スキャンされた画像-08.JPG
ズミクロンですが、桜の花びらの描写、どっちも好いと思いませんか?
posted by 小倉工場 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

コニカU-2

のっけから訂正 昨日のブログでコニカUFなんてのはメーカーの資料には載ってないなんて書きましたが、ケンコー トキナー(コニカミノルタ)のページにしっかり出ていました。
さて、UとUFの違いですが、まずはこれ
IMG_1216.JPGIMG_1217.JPG
フラッシュの接点ですが、赤くて尖ってるのがUのコダック式のもの。もう一つのほうが現在のものと同じドイツ式でUFです。コダック式はたまーにネットでドイツ式への変換プラグなんかも見ますが、コードはついても、今のストロボは使えないようです。
それが、IMG_1219.JPG

IMG_1220.JPG
シャッターの違いです。UFにはストロボ用のX接点がありますが、UのほうはたぶんF接点なんでストロボは同調しないと思います。
あとは、T(タイム)の時に使うインスタンスとタイムの切り替えダイヤルの違い
UはダイヤルにIとTが書いてありますが、UFのほうはボディにIとTが書かれています。また、距離計用の窓も縁取りの有無などです。
IMG_1215.JPGIMG_1214.JPG
もっと言えば、貼革にラインが入っていたり、底面にmade in japanの文字が入ってなかったり。
しかし、なんで、このカメラに思い入れがあるのか。
初めて使ったカメラというのもありますが、レンズが好いんですね〜。
繊細さは、ズミクロンに優る!なんて言ったら言い過ぎかもしれませんが、それはまた今度
でも、私の父親は、なんでこのカメラを選んだのか?
もっと安いカメラもあっただろうしストロボなんてのちにペンタックスSPを買った頃に初めて使いだしたような記憶しかないし・・・
母親に聞いてもその辺のことは全く覚えていないとのこと。
謎ですね〜
posted by 小倉工場 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

コニカU

ここ数年古いフィルムカメラを弄っているけど、自分の写真の原点というかフィルムカメラの原点はやはりこの機種なのかな、と思う。
以前も書いたけど、最初に使っていたカメラそのものは現在行方不明で、今手もとにあるのは数年前に手に入れた物
今は、こんな状況
IMG_1213.JPG
なんで3台もあるかというと、まずは一番奥のカメラを入手
ところが、雪道で転倒しカメラも軍艦部から舗装道路に激突、修理のために部品どり用に真ん中のを購入
で、この頃に昔の記憶とこれらがビミョーに違うということに気づき、いろいろと物色して、一番手前のものにたどり着いたということになります。
コニカUってのはこのボディ形状でいろいろなモデルがあり、キヤノンのバルナック型ほどではないにせよ結構モデルの特定は難しいし、生産年月も長いことから過渡期的なものもあるようです。
私が最初に使ったコニカUは、いろいろな資料から判断すると、通称コニカUFというもののようです。
もっとも、メーカーの資料にはそのようなモデルは出ていないので、クラカメ趣味の世界での通称なのでしょう。
コニカUはシリーズ全体で11万台くらい作られたようですが、このUFは2400台!だそうで、レアなカメラなのかな〜なんて。
詳細はまた次に・・・
posted by 小倉工場 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

パトローネ

最近のモノクロ現像における環境の悪化(時間、料金)に対して、自家現像復活しかないかなと思う今日この頃です。
で、昔と違うな〜と思うのが、パトローネの上下のリングのカシメの強さです。
昔、と言っても40年くらい前の話ですが、ヨドバシカメラにはトライXを長尺のフィルムから手巻きをしたものが銀紙に包まれて売っていました。純正の箱入りのものは今以上に高価だったので、このフィルムは非常にありがたかったものです。
この頃のパトローネは凸の部分を固いものにぶち当てると簡単に分解できたので、現像作業が楽にできました。ところが、最近のフィルムはカシメがしっかりしていて凸部分をぶつけても分解できません。
この辺が自家現像に対して躊躇しているところなんですが、今日、ヨドバシでいろいろ見てきたんだけど。
フィルム現像の薬品はまだ売っているし、これはやらねばならぬ!と思った次第です。
ただ、ミクロファインは売ってますが、パンドールが無い!って何時から無いんでしょうかねー。
もう増感現像は出来ないってことでしょうか。
でも、薬品も安い!と思うし、次のモノクロ現像はやろう!
現像タンクは骨董品ですが・・・
IMG_1143.JPG
posted by 小倉工場 at 00:16| Comment(3) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする