2017年06月14日

T70-2(NFD35-70~A1)

前回の続き
IMG_8303.JPG
このレンズ、内側の溝凹の部分に前群レンズを押えてヘリコイドを回すリングの外側の凸部分が入りズームにも対応するという構造なんですが、この凸部分の周り?についているゴム製のパーツが溶けてしまいガタが生じるということのようですね。
で、ばらして凸部分の幅が約4ミリとなるようにゴムなどの小片を接着して、一応修理完了
もう一本の方も同様の加工をしました。
ピントですが、一眼レフなので無限遠が出れば一応写真は撮れるはずと思います。(光軸のずれとかはもう考えないことにします。)
試写は、A-1で・・・なんて思ってますが、いろいろと着せ替えをして遊んでいます。
IMG_8310.JPG
IMG_8309.JPG
IMG_8307.JPG
上から、ノーマル ワインダー モードラ(乾電池12本!凄い、重い!)
でもA-1 格好良いですよね。
posted by 小倉工場 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

T70-1

7DK_2234s.JPG
キヤノンt70です。
今となっては値段も付かず、少し前まではヤフオクなどにも出ていましたが、電池蓋が駄目なものが当たり前と言ったプラスチックカメラ・・・
でも私にとっては初のキヤノン一眼レフで、EOS導入まではメインカメラでした。
最近A‐1とか買ってしまい、久しぶりに動かしてみたのですが、全く問題なし。
しかし、レンズが問題  
この頃のAシリーズやTシリーズの標準ズームだったNFD35-70f3.5-4.5なんですが、ピントリングにガタが生じている。
程度のいいものを探そうかと思ったのですが、この時代のキヤノンのレンズ、特にこのレンズはゴムのスペーサーみたいな部品が溶けてしまい、例外なくこのような状況になるようで、ズームレンズの修理なんてとても無理と諦めていました。
が、ジャンクコーナーに割合多く転がっているし、ダメもとで1本購入し、ばらしてみました。
すると、何とかなりそう。
ガタは無くなりました。
一応のピント調整もでき(た気がしている。)
近々試し撮りを なんて考えております。
posted by 小倉工場 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする