2018年04月17日

アルコ50of2.4

img240s.JPG
アルコオートマットの写りです。好い色、描写だと思います。
なかなか近づけないのですが、近いものでも
img220s.JPG

img229s.JPG

こんな感じです。パララックスの補正も、付属のビューファインダーできちんとできてると思います。
立体感もあるし、ちょっとびっくりしました。(良い意味で)
シャッタースピードも1/500秒まであるし、文句のつけようがない感じです。
スプリングカメラでも蛇腹の長さがそんなにないので、シャッターの感触も悪くありません。
レンジファインダーの基線長が短いかと思いましたが、ピント合わせは非常にやりやすく、条件によってはM型ライカよりも見やすい感じです。
バルナックよりははるかに見やすいですね。

ただ、確かに綺麗なんだけども
img182s.JPG

img200s.JPG

こんなのを見ると、やはりM4にエルマーは良いなーという感じになってしまいます。(フィルムはシルバーマックス)
まあ、モノクロの写りはまだ試していないので、どんなもんか。
非常に楽しみです。
posted by 小倉工場 at 23:06| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

アルコ

IMG_2340.JPG
突然ですが、アルコです。
アメリカンロコモーティブではありません。っていうかそんなのも知らないですよね。
このカメラ、以前から気になっていて、何回もポチッしようかと思ったことがあったのですが、ちょっと特殊な機構があるためになかなか決めかねていました。
何が特殊かというと、レンジファインダーのくせして、35センチまでピントが合うということ。
当然、カメラのファインダーでパララックスの補正なんかできないので、専用の外付けファインダーか「ビューアルコ」という専用の装置を付けなければならない。
この「ビューアルコ」が超々レアアイテムで、まあ購入不可能
今回入手したのは専用ビューファインダーやフード、ケースが一緒だったので、こんなチャンスは無い!ということで(笑)IMG_2337.JPG
IMG_2338.JPG
このファインダーが凄い。パララックス補正のファインダーはいろいろありますが、35センチまでの補正ができるものなんて無いですから。
フル装備はこんなで
IMG_2336.JPG

蓋を閉めると、こんなにコンパクト!
IMG_2339.JPG
このカメラも撮りたくなる(カメラを)カメラです。

現在、試写中ですが、レンジファインダーの最短撮影距離、約1メーターに慣れてしまっているので、なかなか35センチに近寄れません。
こんな形でも、35o、レバー巻上、セルフコッキング!

posted by 小倉工場 at 21:32| Comment(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする