2014年07月08日

頸城コッペル

IMG_0769.JPG
鶴見方面からの指令などもあり、作り出しました。
まあいつも通り組みやすいですね。ただ、気を抜きすぎて位置決めのための出っ張りを削っちゃたりしてちょっと青くなりましたが・・・IMG_0775.JPG
ここまでくれば走行に問題はないでしょうし、あとはアラン式をじっくりと組まねばなりません。
コッペルって、キャブの下は素通しになっているのですが、これは内側のフレームがあるため外側の台枠に穴をあけても向う側は見えずなので、無理にこだわるのはやめました。
このキットは配管なども太いものは入っているので割合早く出来るかなーなんて思ってます。

キットはさておき、変なものが出てきました。IMG_0735.JPG
これなんですが、CANONの表示があるので、カメラかプリンターの部品だろうと思ったのですが、よく解りません。どうも古いもののようなので、プリンター関連ではなさそうです。
となると、以前使っていたオートボーイのものということになりそうです。
直径40.5oのフィルターにぴたりとはまります。上下の小円のクリ抜きはcds露出計のセンサー部分のためだろうかと思います。
ネットでちょっと見てみたら、マルチ・イメージアダプターというもののようで、画面の半分ずつに多重露出をして合成写真を作るというためのもののようです。
果たして、こんなものできちんと合成写真が作れたのか、作例を見てみたいですね。IMG_0736.JPG
このように半回転して使うようです。
オートボーイは使用不能なので、ほかのカメラで実験できればと思いますが、多重露光って結構難しいんですよね。



posted by 小倉工場 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック