2014年08月17日

アラン式

今週何とかしておかなければJAMでのお披露目が出来ないってことに気づき(笑)
下回りの塗装を行い、組み始めました。
当麻さんのだから走行は心配ないと思っていたのですが、これが大変!
腕が無い、落ちていると言われればそれまでですが、カシメの向きを間違えたり、ロッドのパーツをぶちきったりと散々・・・
何度手を上げようかと思いましたが、何とか下回りは動くようになりました。
こんな感じです。
http://youtu.be/HoWrF80DTSM
もう少し慣らしと微調整をすればもう少しスローが効くかと思いますが、調整のためにロッドを付け外しするとすぐにロッドのはめ込みがばかになってしまします。
この辺は多少のオーバースケールは目をつぶって、もう少ししっかりしていたほうがいいような気がします。
それから、カシメピンなんかはほんの少しでいいから予備を入れてほしかったですね。
試行用のパーツが入っていてもカシメピンの予備がなければ練習もできません。
しかし、このロッドの動きは好いもんですね。
posted by 小倉工場 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック