2015年03月02日

古いネガから

大学時代に現像だけして切断していないネガが結構あります。
ひょっとすると、伸ばして焼いたことがないかもしれない写真があるかもしれないと思い、何枚かスキャンしてみました。
無題-スキャンされた画像-09.JPG
昭和53年か54年の清里です。当然バブルの前ですから軽井沢や原宿のようなお店も無くて、ハイキングや登山に行く人しか降りないような静かな駅でした。
なぜ、ここに行ったかというと、鉄道写真を撮るためではなく、鉄研の先輩とのハードなドライブの結果着いてしまったというのが本当のところ
当時、ダートを走るのに興味を持っており、秩父から中津川林道を走っていたら八ヶ岳へ抜けてしまっただけのことでした。
でも、カメラは常に持って行って鉄道があれば撮ってはいたんだと思います。
今見ると、なかなかの編成で、キハ52+51+55だと思いますが、車体の大きさの違いがはっきり見えますね。
無題-スキャンされた画像-05.JPG
こんなところもお決まりで行っていますが、今はどうなっているのでしょう。
それと、この車ですが、わかる人も少なくなっているかな〜

その当時、というかその少し前の写真も・・・
無題-スキャンされた画像-12.JPG
昭和52年ころでしょうか、同じネガに台湾から来たコッペルが写っています。
無題-スキャンされた画像-14.JPG
たぶん、整備が完了して入線したばかりだと思います。

無題-スキャンされた画像-16.JPG
この風景も今となれば懐かしいもので、後ろのほうにおとぎ電車なんてのが見えます。
西武山口線は家から割合近かったこともあり結構撮っています。
実をいうと、正式な運転の前から様子を見に行ったりしていました。
このあたりの写真は、またアップしてゆこうかなと思ってます。
posted by 小倉工場 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック