2017年02月18日

ブローニー

今年の年初から中判カメラに興味が湧いていたんですが、ひょんなことから6×9のカメラを入手
IMG_6658s.JPG
フォクトレンデル(フォクトレンダーとも呼びますが)のベッサTというカメラです。
このサイズは、以前にも弄ったことがありましたが、http://kokura-sakai.seesaa.net/archives/200802-1.htmlこのときは蛇腹に穴が開いていたようだったりして本気で撮ることはありませんでした。
ツアイスイコンは戦前のカメラですが、今回入手のは戦後のカメラです。両方とも距離計は無い目測のカメラですが、製品としてに20年位の差があり使い勝手はだいぶ違います。
IMG_6683s.JPG
見た目はそんなに違いがありませんが・・・
シャッターがレンズ周りからボディシャッターに替わっているし、レンズもだいぶ明るくなっています。6.3→4.5
ファインダーも光学式になっていたり、巻き止めはありませんが、二重撮り防止装置もあり。
ところが、試写をしようとしてフィルムを買いに行ったのですが、9年前は一本ずつ売っていたフィルムが5本ワンパックでしか売っていないんですね。
IMG_6675s.JPG
裏紙も黒ではなく白い。もう背面赤窓式のカメラなんて使う方がおかしいのかもしれません。
でも、このコンパクト感は何とも言えませんし、もうすこし遊ぼうかなと思ってます。
IMG_6689s.JPG
単独距離計も買ってしまったし・・・
IMG_6667s.JPG
【関連する記事】
posted by 小倉工場 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック