2022年12月16日

M42

レンズの話ではありません。
星雲です。
12月14日はふたご座流星群のピークということでしたが、今年も見る時間が悪かったのか40分くらい夜空を眺めていましたが、一つも見ることができませんでした。
しかし 前日にカメラのセッティングをするためにオリオン座を撮ったのですが、ここ数年デジカメで感度を上げて撮ると、三ツ星の下のほうに、なんかボヤっと写る星があるなーと感じていたのを思いだしました。で、ネットで探すとM42星雲というのがすぐに出てきました。

IMG_4501.JPG

真ん中の三ツ星の下のほうに縦に並ぶ三つの星が見えます。
この真ん中のあたりがぼやーっと見えるんです。
この写真はオリオン座をわかりやすく撮ったのでそんな風には見えませんが、
ISO6400で普通に撮ると
IMG_4498y.JPG
こうなって、縦の真ん中が明るく見えます。
これが、M42星雲です。
この部分を300oで撮ると・・・
IMG_4392t.JPG

IMG_4392t2.JPG
こうなるんですね〜。
正直感動!!
天体望遠鏡ではないので、ファインダーを覗いてもこうは見えません。
撮影後、モニターで見て、PCで見てわかるんです。
それと、300oの画角だと星の動きが肉眼で見えるということ。
ファインダーやカメラーの液晶画面を星が動いてゆきます。
ですから、10秒もバルブをかけていると星は点でなく線で写ります。
また、違う分野に興味が出てしまいました。
posted by 小倉工場 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック