2013年09月23日

伊勢

神宮.JPG

伊勢に行ってきました。
神宮は今年が遷宮なので、大混雑
でもやはり荘厳というか神々しい感じはさすがです。

そこそこの観光をして、帰途につきましたが三重県と言えば、近鉄ナロー
で、30数年ぶりに訪問
7DK_2507.JPG
7DK_2523.JPG
車での訪問は初めてだったので、ちょっと迷いながら・・・
到着後、ちょうど5分で上り下りがやってきて 車両は当然ですが、なんか違うなという感じで慌ただしく撮影
7DK_2535.JPG

30年前はというと
近鉄7.jpg近鉄8.jpg
こんな感じ
やはり旧型は好い。
なぜ違和感が・・ということですが、4番線が無くなっているんですね。
ホームはまだありますが、レールや分岐はなくなっているので、駅が一回り小さいような印象を受けました。
もう一度ゆっくり撮影に行きたいです。

実はもう1か所 鉄道がらみの場所を訪問
帰途に就いたところ同行者が三重県北勢地区の観光案内を見ていて
「現役の鉄道可動橋がある。重要文化財だって・・・」などと言うではありませんか。
東京までの道のりを考えると、早く帰らねばという気持ちが大きかったのですが・・・
踏切を渡るときに四日市の構内をちらっと見たらDD51の貨物列車が発車を待っている雰囲気で、なかなかいい感じ
リーフレットの写真は可動橋を貨物列車が通過中のもの 当然本線上にある橋ではないとわかりますが、カーナビにはそれらしい線路の表示はないし、とにかく工場地帯の川がありそうな所へ車を走らせると突然警報機の音が聞こえてきて、目の前に踏切が現れタンク車が通過してゆきます。行方を見ると、それらしい物件が見えるではありませんか。
早速あとを追いかけると・・・これです。
7DK_2583.JPG
中央の橋脚のところで橋が上がるんですね。
橋のウォッチングをされていた方にいろいろとお聞きしましたが、「日曜日は橋が上がることはない。工場内に入っていった列車と入れ替わりに空のタンク車の列車がすぐに出てくる。」とのことで、少し待つことにしました。
出てきたのはDD51牽引のタキ 工場内の入れ替え機関車も気になりましたが、さすがにそこまでは行けず。
7DK_2561.JPG7DK_2566.JPG
この塗装、ちょっと・・・な感じはしますが、まあ悪くはないです。

今回わかったこと 常識かもしれませんが、カーナビには専用線や、その踏切は表示されない!
路線表示はともかく、踏切の場所は表示しておいたほうがいいと思いますがねえ。


posted by 小倉工場 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

翡翠

翡翠(ひすい)と書いて、「かわせみ」とも読みます。
確かに宝石のように綺麗だからというのは解りますが、翡翠と言えば緑です。
最近、暇さえあれば隣の公園を歩いていますが、この緑のイメージにぴったりのものを見つけました。
みんみん蝉.JPG
みんみん蝉ですが、この色は、まさに「翡翠」だと思いますが、如何でしょうか。

で、もう一つの「翡翠」ですが、ここ数年小金井公園で見ることがなかったのですが、昨日、今日と見ることが出来ました。
かわせみ.JPG
かわせみU.JPG
まだ、子供なのかもしれませんが、ちゃんと獲物も獲ってます。
あまり人を恐れる感じもなく、近くまで寄っても動じずでした。
かわせみNT.JPG
やっと、アップで撮れて、今朝の東京決定とともに好い日曜日となりました。
もう一つ、良いことがありましたが、それは項を改めて・・・
posted by 小倉工場 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月15日

蝉.JPG

暑い日が続きますが、今年は蝉の声が例年になく大きい気がします。
隣の公園で見る抜け殻の数も多いような・・・
抜け殻2.JPG
これなんか凄いですね。
まあ、同時に羽化したのではないでしょうが、この木はほかの枝もこのような状態でした。

アップで見ると、なかなか趣があります。
抜け殻.JPG
posted by 小倉工場 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

小金井公園 夏

今年はまだ蝉の声をきちんと聞いた気がしないので、公園へ行ってみるとちゃんと鳴き声は聞こえていました。
で、公園内をふらふらと・・・
セミの抜け殻はもうあちこちにぶら下がっているし、羽化したばかりで羽を乾かしている蝉も見受けられました。
7DK_1774.JPG7DK_1771.JPG

木々の間では、季節にかかわらず鳴き声を上げているひよどり達が元気な声を
7DK_1747.JPG7DK_1749.JPG
名前は知らないんですが、この野鳥たちも元気に飛び回っていました。
後ろから見ると、散歩をしているようで。
7DK_1832.JPG

最後に、もう終わりかけているネムの花
7DK_1783.JPG


posted by 小倉工場 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

GW

ゴールデンウィーク後半は例年通り長野へ
今年は長野を通り越し、志賀高原から白根へ抜けてきました。
里は八重桜が満開でしたが、志賀高原上のほうは真っ白、樹氷(霧氷かな?)も見れて、結構感動的でした。
7DK_0820.JPG7DK_0831.JPG
一日おいてこどもの日は、安曇野へ。
国営アルプスあずみの公園へチューリップを見に・・・
7DK_0876.JPG7DK_0905.JPG
まあ広い公園で、人はまあまあの入りで、これも税金か〜と思うとちょっと複雑な気分ではありましたが、のんびりと過ごせました。

ツバメが、巣作りに励んでましたが、写真に撮るのは本当に難しい・・・
7DK_0953.JPG
posted by 小倉工場 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

今年の桜はどうも消化不良な感じで終わりましたね。
東京ではですが、3月末から週末になると天気が悪くて・・・
青空に映える桜花が好きなんですが、ほとんどその組み合わせが見れなかった気がします。
八重桜が咲くころにやっと・・・って感じで。
7DK_0610.JPG
桜に気を取られていたら、季節はどんどん進んでいて、木々の芽吹きやいろいろな花が咲きだしていました。

7DK_0658.JPGIMG_9578.JPG
家の隣の公園もこんな状態になっています。
芝桜のように見えないこともありませんが、つつじです。(さつきか?)
今年は花の付きが良いようです。
7DK_0673.JPG


posted by 小倉工場 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

満開ですね。
我が家は都心よりも少し寒い感じがして、まだいいかと思っていたら実際の見頃は27〜28日くらいだったようです。
でも、ここ2〜3日寒い日が続いたので何とか持っているかな〜
7DK_0066.JPG

小金井公園のメインの場所、建物園の前の広場です。小雨交じりで寒いためかあまり人は出てません。
一見満開のようですが、木の根元はもう花びらの絨毯ができ始めてました。
7DK_0074.JPG
それを眺めながら7DK_0070.JPGホットワインです。ワインにオレンジジュースやレモンを入れて熱燗になってます。今日のような寒い日にはピッタリです。

それでも、公園内のあちこちではこれからの木や、ちょうど満開(9分咲き位か)の枝垂桜もあります。
7DK_0046.JPG
7DK_0086.JPG
桜ではなく、花桃ですが、華やかできれいです。

公園内ではありませんが、すぐ近くの自転車道の桜7DK_0120.JPG
これも大迫力!もう少し家の近辺は楽しめそうです。



posted by 小倉工場 at 16:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

小笠原2

今回の小笠原は鯨も大きな目的の一つでしたが、客船によるクルーズってのがメインでした。
こいつで6日間・・・
IMG_8660_1.JPG
晴海を出港してすぐに羽田空港の沖に出ます。
次々と飛行機が発着するんですが、これがまた大迫力!
飛行機の写真を撮る人たちって結構いるようですが、なかなか良い被写体だな〜と
7DK_6463.JPG7DK_6490.JPG
行き2日、島滞在2日、帰り2日 被写体には事欠来ませんでした。
7DK_9342_1.JPG
日の出は5時50分くらいでしたが、いつもは寝ているのにしっかり毎日起きて撮影

7DK_9512.JPG

こんな写真も、陸上ではなかなか撮れません。
posted by 小倉工場 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

小笠原

何故か突然小笠原です。
今日から明日までわずかの滞在ですが・・・
やはり小笠原といえば
くじら.JPG
これですね。
ザトウ鯨 
ホエールウォッチングですね。
この時期は遭遇率90%とかで、しっかり見れました。
また、浅い海の色の綺麗なこと!!
楽園といっても過言ではない!
7DK_6814.JPG
多少、いやとても舞い上がってます。
頭の中を、大滝詠一やマルタ、高中正義なんかの音楽が駆け巡っています。


明日に続く・・・かな〜
posted by 小倉工場 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

初工作

あけましておめでとうございます。
去年からの続きですが、35ミリのファインダーでうじうじしていました。
キャノンのカメラは見えにくくても35ミリファインダー内臓ですが、FED2は50ミリのみ
ということで、35ミリ外付けファインダーを導入したのですが、FED2のアクセサリーシューはなぜかやたら低い位置にあり普通のものは取付ができません。
そこで、かさ上げをすることに・・・
まず、シューを外します。
FEDs1.JPG
外したネジは1.5〜6ミリくらいに感じますが、売っているネジは1.4の次は1.7みたいなので1.7を準備
FEDs2.JPG
スペーサーは5ミリ厚のアクリル板を適当な大きさに切りだしたもの
本当は4ミリか4.5ミリ厚がいい感じですが・・・
FEDs3.JPG
長いネジで固定 もとはマイナスネジでしたが、今はプラスネジしか売っていません。
で、めでたく装着となりました。
FEDs4.JPG
コシナのファインダーですが、ものすごくきれいに見えます。ライカの35ミリファインダーは見えが良いとの評判ですが(私は覗いたことがありません)これもなかなかなんだと思います。
困るのは、最近ファインダーを覗いて撮るのはデジタル一眼レフがほとんどなので、ファインダー像がはっきり見えるとついそのままシャッターを押してしまう癖がついていて、ピント合わせを忘れることです。

posted by 小倉工場 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

ふたご座2012

今年もふたご座流星群の季節になりました。
2年前に舞鶴で観察、撮影しましたが、今年は近くの小金井公園
22時〜2時間くらい粘りましたが、5個くらいしか見えずで、まあ惨敗の部類かと。
案外夜中は凄かったりするのかもしれませんが、体が寒さに耐えきれず戻ってきました。
写真のほうはというと、やっと一枚、それも端っこで・・・
7DK_5124ss.JPG

でも、まあ悪くはないかと。

データは、EOS7D EFs10〜22 ISO800 f8 8秒露光
posted by 小倉工場 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

写真について

写真家 渡部さとる氏のエッセイ「旅するカメラ4」に「引いて撮る」という文章がある。
詳しい内容については本を見ていただきたいが、要は、対象物をアップにとるだけでなく周りも写しておけというもの。
子供の運動会などの撮影について書かれているのだが、鉄道を撮る時も当てはまるのかなぁという感じがしてきている。
前回の最後に載せた 東京駅のひたちを見ると同感である。
写真としては被写体を中心にしたいわゆる日の丸写真だが、周りに写っているものが時代を感じさせるというか、今では見られないものが結構写っているようである。
飲料水の表示もそうだが、ホームに並んでいる乗客の荷物など、現在ならは、ブランド物のバックが写っているだろうし、キャスター付きのケースを引く人も必須アイテム?だろうか。
当時は、とにかく列車をど真ん中に大きくという撮り方しかしておらず、このときもキハ81を撮りさえすればいいという気持ちだけが記憶に残っている。
何故こんな写真を撮ったのかわからないが、40年たってみればなかなか楽しめる写真ではある。
いなほ上野駅.JPG
ちなみに、上野駅で撮った「いなほ」は当時の方針通りの写真だが、周りは何も写っておらず、ああキハ81だな〜というだけでしかない。
当時の上野駅の構内 いろんなものがあっただろうに・・・
でも、右のホームの「郵政省」の名が入った台車はなかなかかなぁ

ところで、最近またフィルムカメラ病がぶり返したようで、春先から50年以上前のレンジファインダーカメラが2台も手元に来てしまった。どういうことになるか、ちょっと不安ではあります。
posted by 小倉工場 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

コンデジで鉄道写真

IMG_6569.JPG

もう先週になりますが、彦根の近江鉄道ミュージアムに行ってきました。
大阪への出張の帰りだったのですが、荷物の関係で、パワーショットS100で写真を撮ってきました。
4月から東京勤務となり、通勤で身近になった電車たちを撮りたいと思っても毎日カメラバックを担いでの出社というわけにはいかず、カバンの中にコンデジを携帯しています。
最近のコンデジは、画素数だけならば一眼レフにひけを取らなくなっておりセンサーサイズも大きいものも出ています。
で、駅での待ち時間などに撮影をしたりしていますが、これが結構いけます。
鉄道写真と言っても、上の写真などはどんなカメラでも問題ありませんが、やはり走行写真となるとちょっと撮る気がしませんでしたが、うまくすればそこそこの写真が撮れるようになりました。
IMG_3464.JPGIMG_5447_a.jpg
どこでの撮影かは東京近辺の方ならお分かりでしょうが、埼京線のほうは被写体から結構距離があるし、総武線のほうは駅への侵入だから大したスピードではないですが、これなんかは・・・
IMG_4760.JPG
NEXの通過ですが、結構速いです。
まあ、カメラの性能が良いだけの話なんですが、連写機能があり、マニュアル操作ができ、できればRAWでの撮影ができるカメラであれば問題ないです。
でもそれってデジタル一眼の機能と一緒かな・・・
でも、これなんかはペンタックスのW90ですが、何も考えずにシャッターを押しています。
IMGP1497.JPG
スーパーひたちですが、「ひたち」というといまだにこれのイメージが・・・
ひたち東京駅.jpg
posted by 小倉工場 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

9月の活動

例によって月一更新もなく・・・
9月は週末はあちこちに出かけ、仕事は結構忙しくでなかなかPCに向かうことがありませんでした。
第一週は、以前より行ってみたかった「おわら風の盆」へ
7DK_4429ab.JPG
確かに雰囲気は良いんですが、人が多すぎてちょっと幻滅でした。
季節がらしょうがないのでしょうが、毎年期間中に雨が降るようで、私もしっかりと降られてしまいました。
途中に寄った上高地のほうが久々に感動 って感じでした。
初めてではないんですが、以前は駆け足だったんで・・・
今回じっくりと雰囲気を感じることができました。
7DK_4224.JPG7DK_4303.JPG

月半ばは三浦半島、三崎漁港の朝市
朝4時起きで出発し、おいしいものを食べてきました。
帰りに横須賀で「三笠」を見学
小さいけど、風格がありましたね。
mikasa.JPG

さて、来週は祭りですね。
今年もデカールは作ってますが、なんかちょっと遅れ気味で、間に合うのか不安であります。
posted by 小倉工場 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

JAM2012

IMG_3961.JPG

2012年のJAMは初めて設営から撤収まで4日間通いました。
当然夜の飲み会も4連続!
朝も通勤と同じ位の時間に家を出ていたので、夏休みとはいっても、体は全然休まってないです。
NGJでの話題は実物も模型もこの鉄連Eがメインでした。
模型はこちら

IMG_3998.JPG

たぶん、あちこちのブログやHPに登場するでしょうし、数か月後の模型雑誌に沢山載るでしょうから、詳しくは書きませんが、素晴らしいの一言でした。

私は結局塗りっぱなしの6.5ミリコッペルを持参
結構調子よく走ってくれたのでまあ、良しと。

コッペル実物は、40年前にも・・・
PICT0163.JPG

こちらについても、後ほど

posted by 小倉工場 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

7月の・・・

7月も終わりですね。
今月に入り、何とか模型がらみの行動もでき始めました。
前回のブログとは前後しますが、7月の行動を振り返って・・・
IMG_3362.JPGIMG_3477.JPG
・・・って初めから鉄道ではなくて・・・でも、この日は昼間は横浜の原さんの博物館を見てきました。
写真撮影禁止だったので写真がありません。
でも今年は、巨人が強くて! すみませんつい脱線しました。
終盤はしっかりと林鉄に浸りました。
まずは、こちら
IMG_2695.JPG
IMG_2693.JPG
やはり、酒井は良いですね。この機関車、初めて見たのは高校1年の時ですから長い付き合いではあります。今回で3回目の対面です。
東京はもの凄い猛暑でしたが、さすが北海道は爽やかで、吹く風は秋のようでした。
さて、最終週末は滝越です。
この日は、平沢商店の中で模型を走らすという、ある意味夢のような話(でも、商店が廃業しているわけですから悲しい話ですけど。)
今回の祭りは、地元の人がメインの感じで、観客の数もいつものイベントよりも少ないものでした。
でも、今回は119号機のエンジンが回るというビッグイベントがあったため、わくわくして出かけてきました。

IMG_2902.JPG
まだ、こんな感じでしたが、ラジエターから漏れてくる水と排気煙を浴びながらいい音を楽しんできました。
(トラックや重機の音とどう違うんだ!という話もありますが、街中で聞くエンジン音はマフラーが付いていますが、こちらはそんなものは無し! だからやはり好いんです。)

IMG_3798.JPGIMG_9278.JPG
模型はいつもの通り、快調に走っていました。

久しぶりに、赤沢も訪問
86号が動態を維持すべく整備を受けていました。
IMG_3745.JPGIMG_3740.JPG

posted by 小倉工場 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

追悼 高林陽一監督

IMG_3557.jpg
映画監督の高林陽一氏が亡くなられたとのこと。
新聞の訃報欄には「実験的な映像作品で知られる・・・」とかATGと提携した「本陣殺人事件」などの記載がありましたが、私にとっては「すばらしい蒸気機関車」の監督というのが一番最初に来ます。
昭和40年代のSLブームの真っただ中に公開されたこの映画はブームにどっぷり浸かっていた中学生にはあまりにも強烈でした。
記憶が正しければ、東京駅からD51791がお別れ運転として発車したちょうどそのころ、有楽町のそごうで観ていました。
あの当時の東京近辺のSLお別れ運転というのはものすごい人出で、791の時は写真を撮ることはおろか、見ることもできないのではないかと思い、あえて映画鑑賞を選んだような気がします。

長年、もう一度見たいとずっと思っていましたが、ちょっと前にDVD化されているのを発見し、購入
改めて見ると、偶然ながら最近7年間を過ごした丹後地方が大きなパートを占めており、付録についていた映像には今でもここだ!とわかるような国鉄宮津線(現北近畿タンゴ鉄道)の場所があり、一人で大騒ぎをしてしまいました。
映画館の大画面でも、もう一度見てみたいと思うのは私だけではないと思います。

ご冥福を、お祈りいたします。
posted by 小倉工場 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

最近の・・・

PICT0066 (2).JPG
最初から酷い写真で、なんだ!と怒られそうですが、実はこれが私の鉄道写真第1号です。
最近、また古いカメラや、コンデジで鉄道写真(走行写真)が撮れるかなどに嵌っているのですが、古いネガを探していたら、出てきました。
昭和44年だと思います。カメラは以前登場したコニカU、フィルムはネオパンSS
たしか雨上がりの曇り(当然早朝)で、やたら暗かったのを覚えています。そんなわけで、ネガはすごく薄いのですが、スキャナーで読み込んで調節すると何とか見れる。
人の年代がわかる物としていろいろな基準がありますが、鉄道の世界においてはその人にとって、ブルートレインの牽引機と客車は、何が一番印象深いかということである程度の歳がわかるような気がします。
私は、断然この写真の組み合わせEF65500+20系ですが、少し上の方に聞いたところではEF61という方もいらっしゃいました。
きちんと調べると面白いかもしれませんね。

コンデジでの鉄道写真は、いろいろとチャレンジ中です。





posted by 小倉工場 at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

日食

IMG_9057n.JPG
今日は、この話題しかないですね。
我ながら準備不足というか・・・
まず、フィルターをどうするか!
太陽に耐えられるND10000なんて言うのはこの数分に使うだけなんてもったいないと思って迷っているうちにテレビでは専用のものを使わないと目を傷める、機材を壊すなどと言い続け・・・
ついに購入を覚悟したころにはさすがに売り切れ・・・
この間の皆既日食(舞鶴では当然部分でしたが)の時にどうしたかを思い出したら、古いPLフィルターのみで撮影してたんですね。
であれば、無いよりましということでND16を購入、8000分の1秒でF32ならばなんとかなるだろうと。
ところが、天気予報は、晴れから曇りになり、雲がフィルター代わりになるかもなんていう甘い期待を抱きつつ出動!いや出勤
いつもより1時間半も早い電車に乗ろうとしていたら、なんとそんな早い時間には駅までのバスがないんですね。
最近近くに大規模なマンションができ、夜遅くまでバスが走っているので、朝も早いだろうなどと、ここでも根拠のない甘い考え・・・
結局、車で駅まで送ってもらうことになりました。
撮影は、会社の近くのお堀にかかる橋の上から。
写真のデータを見たら、最初の1枚が6時46分、最後が7時43分で、約1時間立ちっぱなしでした。
どうりで腰が痛くなるわけです。
それでも、人様並みの写真が撮れた?ので、まあ大満足でした。
IMG_9045n.JPG
こちらはリングになる直前
写真的にはこちらのほうが好きです。


posted by 小倉工場 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

わくわく鉄道フェスタ

昨日(5月19日)秩父鉄道の「わくわく鉄道フェスタ」なるイベントに行ってきました。
秩父鉄道は、C58のパレオエキスプレスくらいしか興味が無かったのですが、偶然チラシを目にしてしまい、天気も良さそうなので、ふらっと行ってきました。
とは言っても、いつもの装備(デジ一2台にレンズ数本)で行は良いんですが、帰りはカメラリュックが肩に食い込み・・・
場所は秩父鉄道広瀬川原車両基地 時間的には東武線を使うのが早いんでしょうが、久しぶりに八高線にも乗ってみたくなり、ちょっと遠回りで。
IMG_2195.JPG
考えてみたら、八高線に乗ったのは高校以来、写真を撮ったのも電化前
電化後は緑の103系が走っていたのをちらっと見ただけということで、本当にご無沙汰でした。
どんな車両が走っているのかもよく知らず、高麗川から先はキハ110系が走っているというくらいの知識しかなくて・・・(中学、高校のころは暇さえあれば通っていたんですが。)
IMG_2209.JPG
電化はされていても雰囲気は変わらず、高麗川以北はやはりいい感じでした。

さて、イベントのほうですが、適度な混雑というか、(あまり人が居ないと淋しいし、多すぎても疲れるしで)まあいい雰囲気でした。
私はグッズや記念切符にはあまり興味がないので、行列をすることもなくフラフラと過ごしてきました。
IMG_2254.JPGIMG_2278.JPG

展示車両の目玉は1000系電車(1002号がファイナルランとか)とC58でしたが(私的には)久しぶりの101系電車は全然古さを感じず、高校の通学時代を思い出させてくれました。
IMG_2257.JPGIMG_8925.JPG
この運転台も、国鉄時代から改造されてはいるんでしょうが、懐かしいものです。


IMG_2338.JPGIMG_2239.JPG

展示車両ではないのでしょうが、車庫に入っていたディーゼル機関車のほうにも目が行ってしまいます。
催し物としては、トラバーサーの運転、ターンテーブルの運転などもあり
また、ゆるキャラやアニメのコスプレなど、また秩父鉄道のオリジナルキャラクター?は、たぶん職員の方がやっておられたんでしょうが、単に鉄道マニアだけの対象イベントではなくて良かったです。
IMG_8906.JPGIMG_2267.JPG


おまけのステレオ画像
IMG_8936.JPGIMG_8940.JPG
ステレオの場合、手前に人物を入れたほうが距離感が出るので、わざと人が前に来るのを待っていたりします(笑)


posted by 小倉工場 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする