2012年09月30日

9月の活動

例によって月一更新もなく・・・
9月は週末はあちこちに出かけ、仕事は結構忙しくでなかなかPCに向かうことがありませんでした。
第一週は、以前より行ってみたかった「おわら風の盆」へ
7DK_4429ab.JPG
確かに雰囲気は良いんですが、人が多すぎてちょっと幻滅でした。
季節がらしょうがないのでしょうが、毎年期間中に雨が降るようで、私もしっかりと降られてしまいました。
途中に寄った上高地のほうが久々に感動 って感じでした。
初めてではないんですが、以前は駆け足だったんで・・・
今回じっくりと雰囲気を感じることができました。
7DK_4224.JPG7DK_4303.JPG

月半ばは三浦半島、三崎漁港の朝市
朝4時起きで出発し、おいしいものを食べてきました。
帰りに横須賀で「三笠」を見学
小さいけど、風格がありましたね。
mikasa.JPG

さて、来週は祭りですね。
今年もデカールは作ってますが、なんかちょっと遅れ気味で、間に合うのか不安であります。
posted by 小倉工場 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月20日

JAM2012

IMG_3961.JPG

2012年のJAMは初めて設営から撤収まで4日間通いました。
当然夜の飲み会も4連続!
朝も通勤と同じ位の時間に家を出ていたので、夏休みとはいっても、体は全然休まってないです。
NGJでの話題は実物も模型もこの鉄連Eがメインでした。
模型はこちら

IMG_3998.JPG

たぶん、あちこちのブログやHPに登場するでしょうし、数か月後の模型雑誌に沢山載るでしょうから、詳しくは書きませんが、素晴らしいの一言でした。

私は結局塗りっぱなしの6.5ミリコッペルを持参
結構調子よく走ってくれたのでまあ、良しと。

コッペル実物は、40年前にも・・・
PICT0163.JPG

こちらについても、後ほど

posted by 小倉工場 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

7月の・・・

7月も終わりですね。
今月に入り、何とか模型がらみの行動もでき始めました。
前回のブログとは前後しますが、7月の行動を振り返って・・・
IMG_3362.JPGIMG_3477.JPG
・・・って初めから鉄道ではなくて・・・でも、この日は昼間は横浜の原さんの博物館を見てきました。
写真撮影禁止だったので写真がありません。
でも今年は、巨人が強くて! すみませんつい脱線しました。
終盤はしっかりと林鉄に浸りました。
まずは、こちら
IMG_2695.JPG
IMG_2693.JPG
やはり、酒井は良いですね。この機関車、初めて見たのは高校1年の時ですから長い付き合いではあります。今回で3回目の対面です。
東京はもの凄い猛暑でしたが、さすが北海道は爽やかで、吹く風は秋のようでした。
さて、最終週末は滝越です。
この日は、平沢商店の中で模型を走らすという、ある意味夢のような話(でも、商店が廃業しているわけですから悲しい話ですけど。)
今回の祭りは、地元の人がメインの感じで、観客の数もいつものイベントよりも少ないものでした。
でも、今回は119号機のエンジンが回るというビッグイベントがあったため、わくわくして出かけてきました。

IMG_2902.JPG
まだ、こんな感じでしたが、ラジエターから漏れてくる水と排気煙を浴びながらいい音を楽しんできました。
(トラックや重機の音とどう違うんだ!という話もありますが、街中で聞くエンジン音はマフラーが付いていますが、こちらはそんなものは無し! だからやはり好いんです。)

IMG_3798.JPGIMG_9278.JPG
模型はいつもの通り、快調に走っていました。

久しぶりに、赤沢も訪問
86号が動態を維持すべく整備を受けていました。
IMG_3745.JPGIMG_3740.JPG

posted by 小倉工場 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

追悼 高林陽一監督

IMG_3557.jpg
映画監督の高林陽一氏が亡くなられたとのこと。
新聞の訃報欄には「実験的な映像作品で知られる・・・」とかATGと提携した「本陣殺人事件」などの記載がありましたが、私にとっては「すばらしい蒸気機関車」の監督というのが一番最初に来ます。
昭和40年代のSLブームの真っただ中に公開されたこの映画はブームにどっぷり浸かっていた中学生にはあまりにも強烈でした。
記憶が正しければ、東京駅からD51791がお別れ運転として発車したちょうどそのころ、有楽町のそごうで観ていました。
あの当時の東京近辺のSLお別れ運転というのはものすごい人出で、791の時は写真を撮ることはおろか、見ることもできないのではないかと思い、あえて映画鑑賞を選んだような気がします。

長年、もう一度見たいとずっと思っていましたが、ちょっと前にDVD化されているのを発見し、購入
改めて見ると、偶然ながら最近7年間を過ごした丹後地方が大きなパートを占めており、付録についていた映像には今でもここだ!とわかるような国鉄宮津線(現北近畿タンゴ鉄道)の場所があり、一人で大騒ぎをしてしまいました。
映画館の大画面でも、もう一度見てみたいと思うのは私だけではないと思います。

ご冥福を、お祈りいたします。
posted by 小倉工場 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

最近の・・・

PICT0066 (2).JPG
最初から酷い写真で、なんだ!と怒られそうですが、実はこれが私の鉄道写真第1号です。
最近、また古いカメラや、コンデジで鉄道写真(走行写真)が撮れるかなどに嵌っているのですが、古いネガを探していたら、出てきました。
昭和44年だと思います。カメラは以前登場したコニカU、フィルムはネオパンSS
たしか雨上がりの曇り(当然早朝)で、やたら暗かったのを覚えています。そんなわけで、ネガはすごく薄いのですが、スキャナーで読み込んで調節すると何とか見れる。
人の年代がわかる物としていろいろな基準がありますが、鉄道の世界においてはその人にとって、ブルートレインの牽引機と客車は、何が一番印象深いかということである程度の歳がわかるような気がします。
私は、断然この写真の組み合わせEF65500+20系ですが、少し上の方に聞いたところではEF61という方もいらっしゃいました。
きちんと調べると面白いかもしれませんね。

コンデジでの鉄道写真は、いろいろとチャレンジ中です。





posted by 小倉工場 at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

日食

IMG_9057n.JPG
今日は、この話題しかないですね。
我ながら準備不足というか・・・
まず、フィルターをどうするか!
太陽に耐えられるND10000なんて言うのはこの数分に使うだけなんてもったいないと思って迷っているうちにテレビでは専用のものを使わないと目を傷める、機材を壊すなどと言い続け・・・
ついに購入を覚悟したころにはさすがに売り切れ・・・
この間の皆既日食(舞鶴では当然部分でしたが)の時にどうしたかを思い出したら、古いPLフィルターのみで撮影してたんですね。
であれば、無いよりましということでND16を購入、8000分の1秒でF32ならばなんとかなるだろうと。
ところが、天気予報は、晴れから曇りになり、雲がフィルター代わりになるかもなんていう甘い期待を抱きつつ出動!いや出勤
いつもより1時間半も早い電車に乗ろうとしていたら、なんとそんな早い時間には駅までのバスがないんですね。
最近近くに大規模なマンションができ、夜遅くまでバスが走っているので、朝も早いだろうなどと、ここでも根拠のない甘い考え・・・
結局、車で駅まで送ってもらうことになりました。
撮影は、会社の近くのお堀にかかる橋の上から。
写真のデータを見たら、最初の1枚が6時46分、最後が7時43分で、約1時間立ちっぱなしでした。
どうりで腰が痛くなるわけです。
それでも、人様並みの写真が撮れた?ので、まあ大満足でした。
IMG_9045n.JPG
こちらはリングになる直前
写真的にはこちらのほうが好きです。


posted by 小倉工場 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

わくわく鉄道フェスタ

昨日(5月19日)秩父鉄道の「わくわく鉄道フェスタ」なるイベントに行ってきました。
秩父鉄道は、C58のパレオエキスプレスくらいしか興味が無かったのですが、偶然チラシを目にしてしまい、天気も良さそうなので、ふらっと行ってきました。
とは言っても、いつもの装備(デジ一2台にレンズ数本)で行は良いんですが、帰りはカメラリュックが肩に食い込み・・・
場所は秩父鉄道広瀬川原車両基地 時間的には東武線を使うのが早いんでしょうが、久しぶりに八高線にも乗ってみたくなり、ちょっと遠回りで。
IMG_2195.JPG
考えてみたら、八高線に乗ったのは高校以来、写真を撮ったのも電化前
電化後は緑の103系が走っていたのをちらっと見ただけということで、本当にご無沙汰でした。
どんな車両が走っているのかもよく知らず、高麗川から先はキハ110系が走っているというくらいの知識しかなくて・・・(中学、高校のころは暇さえあれば通っていたんですが。)
IMG_2209.JPG
電化はされていても雰囲気は変わらず、高麗川以北はやはりいい感じでした。

さて、イベントのほうですが、適度な混雑というか、(あまり人が居ないと淋しいし、多すぎても疲れるしで)まあいい雰囲気でした。
私はグッズや記念切符にはあまり興味がないので、行列をすることもなくフラフラと過ごしてきました。
IMG_2254.JPGIMG_2278.JPG

展示車両の目玉は1000系電車(1002号がファイナルランとか)とC58でしたが(私的には)久しぶりの101系電車は全然古さを感じず、高校の通学時代を思い出させてくれました。
IMG_2257.JPGIMG_8925.JPG
この運転台も、国鉄時代から改造されてはいるんでしょうが、懐かしいものです。


IMG_2338.JPGIMG_2239.JPG

展示車両ではないのでしょうが、車庫に入っていたディーゼル機関車のほうにも目が行ってしまいます。
催し物としては、トラバーサーの運転、ターンテーブルの運転などもあり
また、ゆるキャラやアニメのコスプレなど、また秩父鉄道のオリジナルキャラクター?は、たぶん職員の方がやっておられたんでしょうが、単に鉄道マニアだけの対象イベントではなくて良かったです。
IMG_8906.JPGIMG_2267.JPG


おまけのステレオ画像
IMG_8936.JPGIMG_8940.JPG
ステレオの場合、手前に人物を入れたほうが距離感が出るので、わざと人が前に来るのを待っていたりします(笑)


posted by 小倉工場 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

酒井2.7t

現役の酒井です。
銘板はこちら・・・

IMG_0785.JPG

たぶん、平成生まれでしょうね。
もちろん、機関車ではなくロードローラーですが、酒井とかSAKAIとかの表記を見るとつい反応してしまうのは完全に病気かもしれません。
しかし、このSKWのマークは思い入れがあるんでしょうね。
IMG_0782.jpg

SAKAI KINNOSUKE WORKS ファンの立場からすればこのマークがいまだに使われているのはなんとなく嬉しいですね。

こちらが、酒井2.7tです。

IMG_0758.JPG



posted by 小倉工場 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

新年度

4月に入り数日間ブログが見れなくなっていましたが、昨日復活しました。
引越、転勤でバタバタですが・・・
とりあえずは、小倉工場で行こうかと思います。
引き続きよろしくお願いいたします。
IMG_1865.jpg
IMG_1879.jpg


写真は本日の小金井公園の夜桜です。
明日から「桜まつり」だそうで、また大混雑でしょうね。
posted by 小倉工場 at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

年度末

年度末ですね。
3月は300系、100系、日本海、きたぐにの引退である意味盛り上がってましたね。
関東では小田急が注目の的だったようですが。
1月末に雪の遅れで撮れなかった日本海もなんとか押さえられました。
IMG_1294a.jpg


3月4日島本駅での撮影です。
次の週は大津で、京阪を撮影
京津線の路面に出るところなんですが、レールのわきから蒸気みたいなものが出ています。
水なんでしょうか?カーブへの対応なんでしょうね。
電車が来ると自動的に噴射されるようでした。

IMG_1501.jpg

また、浜大津の駅は京津線と石山線の分岐など、なかなか面白いところですね。
再訪したいと思いましたが、そう簡単には出来なくなってしまいました。
サラリーマンの宿命が発生しまして、ついに舞鶴を離れることになりました。
このブログも、来月からどうしようか・・・・
HNも元に戻そうかどうか・・・・
それよりも引っ越し準備が・・・・・・・

posted by 小倉工場 at 00:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

けいおん

久々のKTRネタです。
昨年の12月からKTRでは新しいラッピング車両が走ってます。
「けいおん」列車です。12月3日から走行が始まり、1か月程度の予定が今月の19日まで延長になりました。
「けいおん」とは・・・結構有名になり映画も公開されていたりするのであえて説明はしませんが、この「けいおん車両」なかなかのものでした。
IMG_8996.JPG
外観はこんな感じですが、凄いのは車内です。
今までもKTRには2種類のラッピング車両がありますが、1両が超ロングシートであるくらいで、特になんということはなかったのですが、こちらは!!!
IMG_9844_1.JPGIMG_9845_1.JPGIMG_9851.JPG
窓際のテーブルにも
IMG_9843.JPG
天井にもポスターやらイラストが貼られて
IMG_9852.JPG

さらに、1月28日からこの車両がタンゴ悠遊号の運用に入ったときは「けいおん」悠遊号となり特別のヘッドマークを付けるといった凝りようです。
しかし、悠遊号に使われる700系車両は現在休車?中の701を除いても8両あり、この車両が悠遊号に入るのは非常に少ないんですね。ちなみに2月10日から最終19日までの10日間で4日しかない。
KTRのHPに運用表は出ていますが、雪でダイヤが乱れればどうなるかわからずで、なかなか写真に撮ることができませんでした。(平日の運用だと、仕事中に偶然見ることはできるかもしれませんが、撮影は不可能)
IMG_0605.JPGこんなヘッドマークです。
印刷したフィルムの貼り付けでしょうから手間はかからないかもしれませんが、費用は掛かる筈
1月末から何回使ったんでしょうかね〜
でも、集客効果はあるようで、この列車の乗車率が高いと感じるのは気のせいでしょうか。
今日は、仕事が休みで、「けいおん」悠遊号の走行日だったので念願の撮影を行ってきましたが、平日だというのに沿線にはカメラを構えている人がたくさん見かけられました。
朝から雪模様で、時々青空が見えたりしましたが、とにかく寒い一日でした。
IMG_8735.JPGIMG_8737.JPGIMG_0781.JPG
最終日はコスプレイベントがあるようですがhttp://ktr-tetsudo.jp/news/archives/011568.php
「けいおん」のコスプレって、女子高生の制服を着るだけなんでは・・・なんて言ってはいけないんでしょうね。

posted by 小倉工場 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

舞鶴の雪

テレビで舞鶴、舞鶴と言っています。
何でも積雪87センチというのが舞鶴の積雪新記録だとかで・・・
平成18年豪雪の時にも一晩で60センチくらい積もったことがありましたが、今年はあんなもんじゃないです。
今まで雪国の映像を見ていて風情があるな〜なんて思ったことがありましたが、そんなもんじゃないってのを少しわかった気がしています。
IMGPyoru.jpg
交差点の写真ですが、路面は完全に圧雪アイスバーンと化しています。白く不気味に光ってます。
IMGPyoru2.jpgこちらは近所の通りです。雰囲気は良いんですがね〜


お次は、新記録を測定した積雪計です。
IMGPsekisetukei.jpg

鉄のほうも写真だけは撮ってまして・・・
300.jpg581.jpg

無くなるというとつい・・・(O氏との新年会のついでに)
「きたぐに」を撮った翌日、「日本海」も、と思い、島本駅で待っていたのですが、雪で5時間遅れということで撮影断念
3月までに機会があるかどうか??
posted by 小倉工場 at 22:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

C5711

SLブームを体験した方はお分かりかと思いますが、あの時代特別な人気のスターともいえる機関車が何両かいました。
筆頭はやはりC62の2号機3号機のゴールデンコンビであり、ほかにはまだ結構各地に残っていた各形式のトップナンバー達でした。
あるいは特殊な形状の異端機みたいな物も人気でしたね。D51499なんかもその手の機関車でした。
(後藤工場の欠き取りデフを装備した重装備機でした。復活した498号機は現役時代はごく普通のD51で、鉄道100年記念で1002号機とともに八高線を走ったこともありました。)
なんてのもあの頃のSLファンには常識ですね。
でも、それらトップナンバーはみな梅小路に集められて対面することができました。
そんな機関車たちの中で見たいと思いながら見ることができなかった機関車がありました。
それが今回のお題のC5711です。
特急かもめの牽引機で、装飾された門鉄デフを装備し、キャブ側面には明り取り窓があり・・・
C55とC57は絶対門デフだと思うのですが、現役機は見たことがなかったんですね。
そのC5711が豊岡に保存されているってのをつい最近知りました。
地図で保存場所を確認したら、舞鶴に来てから仕事でも何回も通っている道のすぐ横で・・・ということで今日訪問してきました。
屋根があるとはいえ、屋外の保存ですし、2004年の台風23号の洪水にも遭遇しているのでしょうからそれなりに傷んではいますが、格好よさは失っていませんでした。
最後のころは播但線の生野越えのため集煙装置、重油タンクを付けていたのですが、それらを取り去った状態での保存です。
で、ただ見に行くのでななく、今回入手の古いカメラの試し撮りも行なってきました。
前回書いたように、このカメラはカラーにはちょっと弱いのかなと思っていたのですが、デジカメの露出は無視して単体露出計で入射光を測って撮影したら・・・
これが好いんです!

FH020013a.jpg
FH020018a.jpg

ファインダーがはっきりしないので、ちょっとトリミングはしてますが、なかなかの発色です。
ピントに関しても全く問題はありません。
1956年発売のカメラですが、現在のデジカメが55年後に現役かどうか、微妙ですね。
なんか、クラカメの世界に入り込みそうで怖いです。

ちなみに、最新のデジカメ一眼での写真も載せておきますが、実はこの写真はホワイトバランスやピクチャースタイルなど結構弄ってます。

IMG_9940b.jpg

しかし、黒ってのは難しい色ですね。





posted by 小倉工場 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

5年目に

今月で5年目に入りました。
毎年7月8月は花火の撮影に夢中になっているのですが、今年は雨にたたられ大変でした。
IMG_4396a.jpg
これは、宮津の灯篭流し花火大会の1発目です。
最初の1発は前の花火の煙がないので確実に綺麗に撮れるんですが、どれくらいの高さに上がるかの見当がつかないため結構難しいですね。

IMG_4410a.jpgIMG_4438a.jpg
この2枚も宮津です。
福知山は本当にひどい雨で、ちょっと大きな花火はすべて雲の中・・・
そんなわけで、今年は何か消化不良な感じです。

JAMは、買い物や見物よりも皆様との飲み会のために行ったようなもので、満足でしたけどね。
会場の雰囲気と、NGJブースの雑誌取材の様子です。
IMG_4538.jpgIMG_4547.jpg
posted by 小倉工場 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

夏色 夏の色

久しぶりに、鉄道を離れて・・・
まだ梅雨の中ですが、季節は夏に近づいているようです。
この時期になるときれいになるのが夕焼けですね。
ここ舞鶴では特に夏になるとその傾向が強く、冬〜春にはあまり鮮やかにはなりません。
空の色も夏のほうが青みが増しますね。
で、今日の夕焼け空です。
IMG_2773.JPG

IMG_2775.JPG
夕焼けは、オレンジ色とブルーのコントラストが一番ですね。
これから梅雨が明け、きれいな夕焼けが現れるのが楽しみです。
IMG_2777.JPG

もう一つの夏の色は
蛍です。
今年は、出るのが遅いなんて話も聞きますが、昨日の夜見てきました。
真っ暗闇の中でほんの数匹しかいませんでしたので、色だけお楽しみください。
IMG_2766.JPG

posted by 小倉工場 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

東北関東大震災

このたびの地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
この地震については沈黙しようかと思いましたが、私が体験したこと、感想など書いておきます。
ただ、感想は、現時点での私の感じたことであり、適切ではない可能性もあることをお断りしておきます。また、不愉快と感じられる方がいらっしゃるかもしれませんがご容赦ください。

11日、午後2時46分 私は「ひかり516号」に乗車中でした。
間もなく新横浜へ到着というアナウンスがあり、下車される方がデッキへ歩き始めたころ室内灯が消え「停電のため停車します」という車内放送とともに減速しだしたのですが、左右に揺れながらグッグッグッという感じで停車しました。停車後も揺れていてあちこちから「地震じゃないの」との声が上がりだしました。
外を見ると架線柱がぐらぐらと揺れてます。
しばらくして地震で停車との車内放送がありましたが、このときはすぐに動き出すのだろうと簡単に考えていました。
しかし、新横浜に到着したのが午後6時45分ごろ、東京駅着は午後8時前になりました。
新幹線の中では、情報はまあ頻繁とは言えないまでも車端の電光掲示板と車内放送で流れていたので、車内は冷静でした。
電気も割合すぐに復活したので、環境は悪くなかったです。
問題は、東京駅から先でして、首都圏の鉄道はすべてストップ  JRは終日運休です。
東京駅で新幹線を列車ホテルになんてのは甘い考えで、JR東海は在線中のすべての列車を終着駅まで走らせるとのことで、あっさりと車内から降ろされてしまいました。
東京駅は、たぶん大混乱が収まった後だったのでしょう。閑散としており駅員さんの対応もそっけないものでした。
とても武蔵野市の実家まで歩く気はせず、東京駅での夜明かしを覚悟しました。
幸い食料は新横浜で調達できたので人のほとんどいない3、4番線ホームで駅弁を食べていると、なんとなしに人の気配を感じるんですね。で、停車中の電気も消えた京浜東北線の車内を見ると・・・
ほぼ座席は満席で、みなさん無言で座っているではありませんか。(この状況はTVにも少し映ってましたね)
車内なら寒くないなと思い何とかスペースを確保し、ここでの宿泊を覚悟しました。

10時半頃に東京メトロ銀座線全線と半蔵門線の一部が運転再開との案内がありましたが、渋谷までではどうしようもないしと思って携帯のニュースを見ていると、京王線と井の頭線が動いているとのこと。
東京駅のアナウンスでは依然として銀座線と半蔵門線、南北線が動いたなどのみでしたが、読売新聞のオンラインニュースに嘘はないだろうと神田まで歩き出しました。
神田までの街中は飲食店、居酒屋などが満員で、大変な災害が起こったという感じはなかったですね。
11時半ごろに渋谷駅、大行列でしたが何とか井の頭線にも乗車でき、帰宅は午前1時過ぎになりました。

被災された方々に比べればなんということはありませんが京都から12時間はさすがに・・・でした。

さて、私の感想ですが、11日夜の列車運行の件です。
JR東海の対応は適切だったと思うし、東京近辺の私鉄各社も深夜にはほとんど運転再開でした。
JR東日本のみが運転せず、しかも早い段階で終日運休宣言をしてました。
せめて山手線くらいは運転できなかったのかな〜ってのが正直なところですね。
それと、
翌日朝から東海道新幹線は定時運転だったので、13日の帰りの列車を変更しようと思って最寄りの駅に行ったら、「今日は乗車券の販売はしていないから、どうしても変更したければ東京駅のJR東海の窓口に行け。翌日もどうなるかはわからない。乗車前に変更すればよいではないか」とのこと、それでは指定席の事前予約なんて意味がないと思うんですがね。

単なる愚痴だったかもしれません。
写真は11日午後9時ころの東京駅4,5,6番線ホームです。

東京駅
posted by 小倉工場 at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

ダイヤ改正

今週末にJR、KTRのダイヤ改正があり、北近畿の特急は大分様変わりをします。
183系が大幅に引退し、エクスプローラーのJR乗り入れがなくなります。
ここのところ曜日を問わず写真を撮っている方を見かけるようになりました。
183は国鉄色もどきのは残るようですが、JR西日本カラーが無くなるようですね。

183福知山 
こんな情景もあと数日というか、あと数回しか見られないんですね。


183福知山2北近畿も「こうのとり」に変更です。







さて、183に代わって登場の287系ですが、JR西日本は相当力を入れている感じです。
昨年10月の舞鶴の赤レンガフェスティバルの時に実物の座席を持ち込んでいましたし、いろいろなノベルティも作ってます。
先日も西舞鶴駅で展示会がありましたが、なかなか手をかけているなって感じでした。
先着600名ということで、舞鶴には珍しく行列ができていましたが、入場整理券や記念カード(紙製ですが)もきちんと作られてました。
カード

287系ですが、JR西日本も言っていますが、サンダーバードのイメージですね。
悪くはないですが、ヘッドマークがねぇ〜



287-1
287-2
posted by 小倉工場 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

小倉工場

3連休は久しぶりに小倉へ行ってきました。
飲み会だったのですが、100系新幹線とか885系の衣替えとかも撮れるかなってのもありましたし。
でも隠れた目的は、小倉工場の撮影でした。
列車の中からとか、仕事中に車の中からは見ていましたが写真に撮ったことはなかったんです。

小倉工場
工場全景





以前から気になっていた入り口近くに保存展示してあるC12が222番だっていうのも今回初めて知りました。
小倉工場を名乗っていながら恥ずかしい話です。
でも、この入り口の写真を撮れたので、まあ満足というか気が済んだというか・・・

新幹線や特急列車の撮影もしてきました。
雷、嵐、霰と酷い天気でしたが。

100
885
885-2





翌日はNGJ関西例会だったのですが、製作中のジ5に問題が発生・・・
大したことではないのですが、次回に
posted by 小倉工場 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

今年も

もう10日も経ちましたが、今年最初の更新です。
天橋立の智恩寺で十日戎があり、お参りしてきました。海岸に出ると雪だるまが作ってありました。


雪だるま



近づいてみると、頭には海藻の髪の毛? 牡蠣の帽子 ヒトデの簪 目には浅利 貝殻の首飾り と海辺の雪だるまらしい装飾が・・・



雪だるまA






誰が作ったのか、なかなか良く出来てました。
模型のほうはというと、MCにデコーダを積みました。
快調です。気温が低すぎて(という言い訳)塗装に入れませんが(笑)

今年も宜しくお願いします。
posted by 小倉工場 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

餘部

新しくなった餘部橋梁に行ってきました。
23日で「かにカニはまかぜ」の運用からも181が引退するのでそれも兼ねてということで・・・

餘部カニ
餘部
話には聞いていましたが、新橋梁は山側に作られているために鎧駅側からのトンネルを抜けるとすぐにクネッとしたカーブで新橋梁を渡ります。
餘部駅はというとホームの位置はそのままで山を削って線路を山側に持って行ったといった感じでしょうか。
ですから、以前は浜坂に向かって左側のドアでの乗り降りでしたが、今は右側のドアが開きます。
新旧の並びが見たかったのですが、浜坂では見られないと教えていただき佐津まで戻り上りの「かにカニ」と下り「はまかぜ」のすれ違いを撮影
列車本数が少ない割には効率的に動けました。

佐津1
佐津2





しかし、最近鉄道趣味が世間的に認知されてきているのはいいんですが、なんかマナーが悪いというかアレッと感じることが多くなりました。
この日も香住駅で交換列車を撮ろうとホームで構えていると、目の前に一人の女性がすっと入ってきて写真を撮ろうとするのです。
ホームでの撮影ですから、人が入るのはしょうがありませんが、私の後ろからきて前に入るのですからねぇ

香住
何か言ってトラブルになるのも嫌なので場所を変えましたが、その点餘部橋梁のお立ち台はほとんどの方がちゃんとした(笑)撮り鉄で、後から来た者は上に登り、横に並ぶときは声をかけてくれるし、とても気持ちがいいものでした。
上記の佐津駅交換の情報もここで入手
教えてくださった方 ありがとうございました。
posted by 小倉工場 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする