2014年02月12日

コッペル4t Cタンク

IMG_6907.JPG
建国記念日は家にこもりきりで一気に行きました。
一応パーツは使い切り、これにつながるパイプ、ロッド類は付け終わりました。
逆サイドは
IMG_6917.JPG
こんな感じです。
林鉄仕様にしたので、本来は朝顔カプラーではないのですが、どうもこちらのほうが好みなのでどうしようか、迷ってます。
煙突についても
IMG_6912.JPG
これも悪くないな〜 ということで煙突の固定もまだ・・・

あとは、どこまでディティールを追加してゆくかですが、今回は付属のパーツを極力使い、バルブなどもロストは使っていなません。
下回りもサイドロッドは省略されていますので、余り上半身にゴテゴテ付けてもしょうがないかなということもあります。
ってことで、これはこの辺にして、次は4tDLにゆこうか  ですね。
posted by 小倉工場 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

久々の蒸機

IMG_6740.JPG

昨日の雪は舞鶴を思い出させるような勢いで、写真を撮りに出歩く気も起らず久しぶりに鏝を握りました。
トーマモデルワークスのコッペル4tですが、ここの蒸機はほとんど調整なしで調子よく走るのでずっと仕掛状態でした。
ちょっと手が進まなかったのは、ロッドの組み立てがカシメではなく半田によるものだったので、なんとなく気が乗らなかった。なんて言い訳を・・・
まあ、こんな風に紙を挟んで組み立てです。
IMG_6728.JPG

今日のところは、ここまで
IMG_6757.JPG

ですが、こんな下回りも弄りましたが。
IMG_6760.JPGIMG_6762.JPG
こちらも調子よいですね。


今日も出歩く気はしないでしょうから、一気に楽しいパイピングへと行きましょうか。
posted by 小倉工場 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

Bトレ 阪堺

本当に久々の模型ネタです。
ずっと気になっていたBトレの阪堺を動力化しました。
阪堺は舞鶴時代に何回か訪問しておりなじみもあります。
Bトレの動力化は、このブログでも過去に行っていますが、今回はバンダイのものを使用することとしました。
路面電車用で「台車レリーフも装着できます。」と箱に書いてあるので、何も疑いなく購入し装着したら・・・
台車が全く首を振りません。
カトーにすれば良かったかと223系を出してきて比べたら、ボギーセンター間がカトーのほうが長く、車体裾に干渉しそうです。
この手のはカトーの2軸しかダメかとちょっと諦めかけましたが、やっぱり悔しかったのでちょっとした改造を行いました。
IMG_6192.JPG
これが加工前と加工後です。
製品としての強度の問題なのでしょうが、本来の台車の形の上に余分なスペースがあります。
ここを切断し台車センター上部を丸く削る。これだけです。
IMG_6194.JPG
そのほかにも、車体側板の裏側をちょっと削っておくなんかはしてありますが、これでよほどの急カーブ以外は走行できるようになります。
ただ、この動力、ホイールベース、車輪径は相当大きいので、台車とは軸位置が合いません。
IMG_6190.JPG
まあ、Bトレにスケールを求めてもしょうがないので、これはこれでいいとは思います。
IMG_6091.JPG
posted by 小倉工場 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

あっという間に秋

10月は軽便祭りですが、例によってほかの展示はほとんど見れず。
1両くらいは新車をということで124号機を何とか動くところまでにはしたのですが、今回のKMCの展示は2級線がメインで、10t機は出番なし 
でも、デコーダーを積み込んでモジュールが試運転だったのですが、全く問題なく走りました。
まだ、ギヤーの調整の勘は衰えていないなとひそかに満足
IMG_4529.JPG
結局、毎回の74号機が活躍でした。
IMG_4394.JPG
物欲は、当摩さんの西大寺コッペルとアルモデルの記念板用下回りくらい。
このコッペル、早く組みたいけど、仕掛りや未掛かりの山で・・・

さて、気が付くと周りはすっかり秋
トンボの色もいつの間にか赤くなっています。
7DK_2666.JPG

公園のカワセミは、まだ元気に池の近辺にいました。
たてもの園の池にいるときはほとんどカメラを向ける人がいないのに、下の池に現れると望遠レンズが取り囲みます。
確かに、こんな写真のほうが野生っぽい
7DK_2698.JPG

カメラは、相変わらずで・・・
いろんなことをやってます。
IMG_4459.JPG
沼は深そうですね。
腰あたりまで入り込んでいるか、いやまだまだ膝くらいか!
ズマール用ヌーキーは、というかレンジファインダーで接写なんてのが・・・・
posted by 小倉工場 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

JAM2013

今年も参加してきました。
設営から4日間皆勤賞
今回は、物欲を刺激する物があまりなく、懐には優しかったのですが・・・
4連続の飲み会は胃袋にはやはり厳しく(笑)
今年のお題が「昭和」ということで、NGJは「昭和の単端」
調子に乗って、旧作ばかりを8種類展示
JAM1.jpg

今年の展示で一番インパクトがあったのが、これでした。
JAM2.jpg
圧縮空気の蒸気機関を積んだ9ミリゲージのC62!
逆転機が動いて前後進をするのには鳥膚が立ちました。
ボイラーを組み込むのは無理かもしれませんが、工作精度にびっくり。
何でも時計製造の技術レベルでの工作とか。

で、私ですが、何とか新作をということで
JAM3.jpg
なんということはありませんが、ラジエターグリルはこんな風に
JAM4.jpg

これを   自己満足  と言います。
posted by 小倉工場 at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

アル加藤

一応完成です。
組み立ては特に問題なしでしたが、ディティールアップの箇所を少々
img_1930.JPG
ラジエターグリル、手すり関連はすべて0.3oの洋白線
給油キャップは0.8o、排気管は外径1.2o内径0.8oのエコーのパイプ
前部クランクは0.4o(差し込んであるだけ)
台枠のボルト表現は0.4oを植え込み
まあ、この手の機関車の定番の追加工作ってとこです。
img_1928.JPG
実質工作は2〜3日ですかね。
posted by 小倉工場 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

工作再開?

久々の模型関連です。
4月の模型市で入手したのですが、なかなか手が付けられずでした。
アルカトウ7tです。
カトウの機関車はラジエターの保護グリルがラジエター枠と一体のため、J社でもMWでもきちんとした構造にはなっていません。
そこで、オーバースケールの表現になることは目をつむり何とか実物に近い構造にしてみました。
7DK_1722.JPG
これです。
穴はあけなくてはなりませんが、裏側にエッチングの穴は開いているので、何とか平行に取り付けることができたようです。
img_1796.jpg
ボンネット周りの手すりや調整などはまだですが、なんとか形にはなりました。
しかしながら、エッチングキットってのは良く考えられていて、いつも感心してしまいます。

img_1799.jpg
塗装も心配ではあります。

posted by 小倉工場 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

炭車

今年のGWの総括
久々に模型関連のイベントに行ってきました。
4月29日の模型市です。
ここは、買物よりもそのあとの飲み会が本当の目的みたいなものですが・・・
今年はこんなものを
IMG_9864.JPG
IMG_9865.JPG

久々の工作ですが、元のキットの出来が良いので簡単に形になります。
訳あり特価ということですが、特に問題はないと思います。
IMG_9866.JPG

で、クラカメ病が治まったかというと、そんなことはなく、ますます進行中です。
私にとって、鉄道趣味は、性格、血液型、本能みたいなもので、何があっても変わるものではないのですが、カメラや写真は時々夢中になる・・・まさに病気ですね。
今は、何回目かの発病時期なんで、治療にいろいろなカメラやレンズが必要というわけです。
まあ、両方ともぼちぼちということで・・・

posted by 小倉工場 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

ヨ8000

突然ですが、ヨ8000です。
IMG_7813.JPG

今日は、ツイッターでしなのマイクロ、城山模型で盛り上がっていましたね。
Aさんがブログで城山模型の話を書かれていましたが、その中にちらっと出てきた ヨ8000のエッチングキット!というのがこれです。
30数年前に組んだものです。
本当に板のキットで下回りやベンチレーターなどはあちこちから調達してまとめました。
何とか形になって残っていたのが奇跡のようです。
果たして、何両が形になったのでしょうか?
IMG_7815.JPG
結構入れ込んで作ってます。


posted by 小倉工場 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

平尾社長

平尾社長こと平尾勝彦さんが亡くなられました。
詳しいことはまだわかりませんが、いまだに信じられません。
平尾さんとのお付き合いは8年前、初めての単身赴任で小倉へと転勤になったとき、畑中シェフから紹介されメールをしたのが始まりでした。
数回のメールのやり取りだけでお宅に押し掛け、九重高原鉄道へ車両を乱入させてしまいました。
当時はもう退職されていましたが、会社こそ違え同業であったということから一方的に親近感を抱いてしまいました。
その後は、長浦さんとの三つ巴のお付き合いが始まり拙宅にて下回り完成状態でのEテンダー機関車を走らせていただいたこともありました。
残念ながら1年で舞鶴へと転勤になり、楽しいお付き合いは短いものでしたが、当時仕事が結構つらい状態で、お二方とのお付き合いは非常にありがたいものでした。

舞鶴へ行ってからはほとんどお会いすることはありませんでしたが、デカール作成で模型作りのお手伝いをさせていただくことができました。
ブログを見ていて、そろそろ注文が来るな〜と思っている頃に作成指令が来るのは楽しいものでした。
最近はデカールの注文もなくちょっと寂しいな なんて思っていたら・・・

本当に信じたくはないのですが・・・・
ご冥福をお祈りします。

IMG_4693.JPG
8年前の平尾さんといえば、シングルドライバー だったのは私だけでしょうか。
豊後鉄道にて 2004年

posted by 小倉工場 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

8月・・・

やはり8月は暑いですね。
久しぶりに塗装作業を行いました。
と言っても、以前から仕掛中の6.5コッペルを塗っただけです。
IMG_3139.JPG
ミニトレインズの復刻エガー2号機と並んでですが、やはり小さいですね。
JAMまでに多少おめかしをしてと思ってます。
こういう小さくて黒い塊を撮るのって難しく、オートで撮るとディティールがすべて潰れたりで・・・
結局マニュアルで結果を確認しながら撮影です。(この辺はデジタルは楽です)


IMG_3127.JPG

今日(12日)は長瀞の阿左美冷蔵まで、カキ氷を食べに行ってきました。
毎年食べに行っていますが、今年で4年連続です。
時間が合うとパレオエクスプレスを撮ったりしていましたが、今年は事故でC58が修理中のため電機牽引
撮影はパスしようかと思いましたが、「電機牽引の客車は貴重です。!」とのご指摘をいただき、撮ってきました。
時間がなくて、お店の近くで妥協したため、まあ撮っただけではありますが・・・
IMG_3928.JPGIMG_3937.JPG
後部にも機関車を付けていて、プッシュプルかと思ったら、後ろのはパンタを上げていませんね。
帰りはどうしているんでしょうか?




posted by 小倉工場 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

ミニトレインズ

東京へ帰ってきての初工作?
ロッドピンの交換です。
この機関車のロッドピンですが、頭がプラスなのはそんなに気にならないのですが、ネジがすべてにわたって切ってあるので、なんか不安になり模型の会合でK氏プロデュースのロッドピンを手に入れてしまいました。
IMG_2627.JPG
これがオリジナルですが、見た目は気にならないというのは私だけでしょうか。
で、単に交換すればいいと甘く見ていたら・・・
新しいピンがロッドに通らないんですね。
ノギスを当ててみると、オリジナルのネジは1ミリ、新しいロッドピンは1.05くらいあるんです。
そこで、ロッドの穴を1.1ミリのドリルでさらうとちょうど良くなりました。
さらに、サイドロッドとメインロッドの間には極小のワッシャーが入っていたりと結構細かい作業になってしまいました。
でも、やはり見た目も安心感もアップしたということで自己満足です。
IMG_2628.JPG
ローラーの上で走らせると気持ちよく回ってくれました。
(ワッシャーは穴を広げずに使えました。)
posted by 小倉工場 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

鉄道模型市

昨日ですが、数年ぶりに鉄道模型市に行ってきました。
途中、駅で写真を撮ったりしながら、のんびりと到着しましたが、有料入場1時間半前でまあまあの行列が出来てました。
IMG_0382.JPG
IMG_0383.JPG
IMG_0384.JPG

開場は写真の通り大混雑で、秋の軽便祭りよりも人出は多く、さすが東京と改めて感心しました。
午後は、恒例?のお仲間との飲み会で楽しいひと時を・・・

戦利品は、こんなものとパーツ類をいくつかですが、いつものことながらゆるんだ財布の口を締めるのが大変でした。
IMG_0387.JPG
IMG_0386.JPG
posted by 小倉工場 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

久々の

久しぶりの模型です。
IMG_4136.jpgIMG_4040.JPG

この間の日曜日に模型のミーティングがあり、何か新作を持って行かねばということで寒さに震えながら仕掛品のZコッペルを未塗装完成の状態まで・・・
下回りを組んでみて9ミリと6.5ミリの差を痛感しました。
でも、この機関車はよく走りますね。
9ミリバージョンではちょっとがに股感があったのですが、こちらは良い感じです。
ミーティングではミニトレインズのエガー復刻のフラワー煙突も見ることができ、走りの良さにびっくりしました。
で、本日我が家にもストレートタイプのが届き、早速じっくりと観察しました。
エガー2号機といえば今野さんのフェルドバーンですね。
IMG_4124.jpg

ホィールベースの制約があるんで完全なコピーではないですが、並べてみるとどちらが良いかというよりそれぞれが良い個性だと思います。
このフェルドバーンの動力ですが、家にある同じ動力の機関車を大集合させてみました。
IMG_4121.jpg

これらがすべて同じ下回りというのも凄いことですね。

また、蒸気の工作 再開となりそうです。


posted by 小倉工場 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

もう一つのコッペル

祭りからあっという間に1か月以上が過ぎてしまいました。
皆さんのコッペルを見ていると、自分の機関車の粗や、やり残したことがむらむらと湧き出てしまい、もう1両組んでしまいました。
私のコッペルは1箇所だけ窓枠を可動式にしたのですが、妻板にパイプを半田付けしたものを回転軸受としたためにどうしても窓枠が引っ込んでしまい、特に閉めた状態の時には隙間が目立ってしまいます。
そこで、単なるパイプではなく半円ものを受けに使いました。
IMG_3160.jpg
こんな感じです。解りますかねぇ。
0.8のパイプを半分に割り(なんて嘘です。半分に削りました)半田付けです。
窓枠は変形しないように曲げて押し込みました。
IMG_3202.jpg
どうでしょうか?自分では満足してますが・・・
完成後、私のと並んで記念写真
煙突や、下回りの色はオーナーの好みでこのようになっています。
IMG_6557b.jpgIMG_3240b.jpg
2両目とはいえ、このコッペル、結構細かいので、ほかの模型はあまり手が付けられず・・・
井笠のホジ1は、長らくこんな感じでした。
IMG_3233.jpg
塗装の途中段階なのですが、まるでステンレスカーのようでなかなか新鮮
このままでも・・・なんてばかなことを考えましたが、昨日の模型例会に持って行くために赤く塗りました。
IMG_7823.jpg
まだ、車体表記などが入っていません。
しかし、これだけHゴムがあると・・・・


模型以外では、こんなこともやってます。
IMG_7771.jpg
ステレオ写真ですが、これについてはまた後日・・・
posted by 小倉工場 at 23:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

軽便祭り2011

今年もKMCの運転手として参加してきました。
ここ数年別部屋だったのですが、今年はメイン会場の檀上だったので会場の熱気と大混雑をしっかりと見ることができました。
特に開場直後の混雑は凄かったですね〜
IMG_5391.JPG

祭りの内容については皆さんがアップされるでしょうから、いつも通り自分のことだけを・・・
祭り当日も楽しいんですが、ここ数年は前夜祭(飲み会)も大きな楽しみの一つになっています。
IMG_5341.JPG
これも宴会のテーブル上での撮影です。
皆さん異口同音に「模型を見ながら飲むお酒は最高だね〜」ということで、例年のごとく大盛り上がりでした。

何とか祭りまでに完成をと思っていたホジですが、結局こんな状態でお披露目になりました。
床下機器の取り付けについては私のやり方で良かったようで一安心でしたが、旧塗装の実物(模型ですよ)を見せられたら、これもまた好いんですね。
私は新塗装の赤一色と決めていたので前面手すりも半田付けしちゃっているので・・・
IMG_5337.JPG


一応KMCの写真も・・・
IMG_5405.JPG

posted by 小倉工場 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

祭りに向けて2011-6

IMG_3145m.JPG

コッペル最終回です。
色は微妙なんですが、黒とも言えず完全な灰色でもなく・・・
写真に撮ってもよく解らないので、実際の色は祭りで見ていただくということで、モノクロです。
ちょっと、おめかしでボイラーバンド磨きだし、煙突に真鍮で飾りを付けた。なんて言う設定で、最近の私の蒸機(数は少ないですが)としては結構派手な仕上がりになりました。

今日は少し体を動かし、実物の写真を撮ってきました。
舞鶴は一気に彼岸花が咲き始め、田んぼのあぜ道を彩っています。
今週いっぱいが見頃ってとこでしょうか。

IMG_5299m.JPG
posted by 小倉工場 at 00:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

ホジ1-2

シル、雨どいが付けば・・・なんて書きまして、すいすいと床下機器を付けて楽勝と思っていたら、やはり問題発生でした。
このキット、床下機器取り付け板にエンジンその他を付けて床板には床下機器取付版用座を介してビス止めするんですが、そのまま取り付けると取り付け板が浮いてしまうんです。
真横から見て取り付け板が見えてしまうんですね。
イラストでは板厚は見えないし。
床板の取り付けアングルはどうしても間違えようのない取り付け方法ですから、イラストが違うのか取付用座が高いのかどちらかなんですが、板厚が見えるのは私的には恰好が悪いので、座を削って低くしてしまいました。
もし間違いなら適当なワッシャーをかませば元に戻る訳ですから。

IMG_3129.jpg

しかし、たっぷりと半田付けを楽しもうなんて思ってたら、割合半田付けの箇所は少ないんですね。
組説通りでは、もう半田付けは残っていません。
手すり関係はなるべく半田付けにしたいので塗装までにはもう少しかかりそうです。
連休中に塗装が終わるかどうか・・・

IMG_3128.jpg

IMG_3131.jpg
posted by 小倉工場 at 00:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

井笠ホジ1

平日はまとまった時間が取れず、一日一か所くらいでじわじわと進んでます。
IMG_3123.jpg
今日はこんなところですが、アングルとシル、雨どいが付けば箱モノはもう先が見えた感じがします。
ホジ12の時に台車周りでちょっとてこずりましたが、まあ何とかなりましたしね。
しかし、この週末は作業ができないし・・・
間に合うんだろうか?
posted by 小倉工場 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

祭りに向けて2011−5

IMG_3121.jpg
カプラー、ガイドヨーク、キャブ背面のアングルを取り付け一応完成です。
この状態で数日間眺め、色はどうしようか、なにか問題はないかを確認する楽しい時間です。
カプラー取付のチャンネルをどうしようかと悩みましたが、余っていたパーツを見つけ何とかでっち上げました。(Oさま、ご迷惑をおかけしました。)
カプラーですが、当鉄道は朝顔型が主流なのと、この機関車はサイドタンクはあってもボトムタンクも有る筈ということで給水口を前面カプラーの上に付けたくてこんな感じにしてみました。
窓はどうしようかと思っているんですが、可動式はちょっと難しいかな〜・・・
IMG_3122.jpg

さて、コッペルは何とか間に合いましたが、昨日安曇野からブツが届きました。
これが来る前になんとか形にと思っていたので、滑り込みセーフという感じです。
井笠のホジですが、このタイプの気動車は昔から欲しかったので、早速手を付けてしまいました。
前面のロストと車体の接合状態はピッタリ(それなりに削りますが・・・)
ロストで表現されている前面の手すりも秀逸で、たっぷりと半田付けを楽しめそうです。
IMG_3120.jpg


posted by 小倉工場 at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする