2018年06月06日

アルコでアルコを撮る

アルコといえば、どうしてもアルコ(アメリカンロコモティブ製の機関車)が頭に浮かびます。
で、アルコ35でアルコの機関車が撮れないかということでいろいろと考えて・・・
まずは、6400形 16番の模型ですけど、アルコ スケネクタデイの機関車
img609s.JPG
このカメラが接写が効くと言っても50oF2.4の開放なんで、被写界深度なんて殆ど無くて、ボケボケですが、ピントが合っているフロントから煙突あたりはきちんと写ってます。
レンズ性能は良いですね。
それはさておき、次は実物で保存されているアルコがないかと考えたのですが、まずは貝島の弁当箱 でもさすがに九州まで行くのはちょっと難しい。
東京近郊にはと探したのですが、アメリカ製の蒸気機関車って、殆ど保存されていないし、あってもボールドウィン ボールドウィンが悪いわけではないけれどとにかく無い。
確か品川のほうに保存されている西武鉄道の機関車がアメリカ型だったなと思って調べたら、これがピッツバーク製!アメリカンロコモティブってのはスケネクタデイやピッツバーク、ブルックスなんかが一緒になった会社なのだから、これでOKと思ったけど、この機関車はアルコ製とはどこにも書いていない。
要は、アルコの設立が1901年で、この機関車の製造が1897年なので、アルコ製では無いということになるのでしょう。
でも、まあ関連性はあるということにして撮りに行ってきました。
img618s.JPG
京急新馬場駅からすぐの東品川公園 結構昔から保存されており、文献やネットに載っている写真は屋根付で保存されているんですが、近づくと機関車の屋根やドームが直に見えてきました。
どうも最近整備しなおしたらしく、屋根は無くなり柵で囲われてしまっています。さらにこの柵にネットが掛けられ下回りが見づらくなってしまっているという・・・。
img619s.JPG
img620s.JPG
機関車そのものは塗りなおされているようで綺麗でしたが、後部は完全に柵というより見学台のようなものが作られコールバンカなどの特徴的な形がほとんど隠れてしまってます。
でも、放置ではなくきちんと手が入っていることはいいことだと思いますし、19世紀の機関車と言うことはやはり貴重なものだとは思いますね。

写真はすべて、アルコオートマットD  アルコ50oF2.4


posted by 小倉工場 at 21:14| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

古写真

昔(30年以上前)軽井沢の土屋写真店で購入した写真が出てきました。
img557s.JPG
軽井沢か横川の駅構内のものだと思います。
購入時は鉄道の写真だからということで何気なく購入したのですが、よく見ると・・・ED41、ED40、EC40と、もう一両は暖房車ですかね。
この3機種の稼働状況を調べると、大正末期(昭和初期)〜昭和11年の間の撮影だと思いますが、こんな風に3機種が連なるような運用があったのかどうか。
あるいは、何かのイベント?(ED41の新製配置orEC40の引退)で展示状態にあったのか。
購入後数年して、同時代の写真が無いかと訪問したのですが、そのような写真は無く、ずっと忘れていたものです。
そういえば、この写真を購入した頃は、ジョン・レノンの写真なんかも結構あったのですが、数年前に訪問した時にはそれも無かったですね。
この時代について詳しい方があれば・・・
posted by 小倉工場 at 23:24| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

2018年 初鉄

明けましておめでとうございます。
去年は秩父でC58でしたが、今年は走っていないので近場で。
昨年から西武多摩湖線で赤電が走ってます。
今月半ばからはさらに近い多摩川線に来るのですが、まあ待ちきれずということで・・・
7DK_3049s.JPG
運用も確認していなかったのですが、萩山に着いたとたんに入線!
すぐに西武遊園地に向けて折り返してゆきました。
7DK_3062s.JPG

折り返しは隣のホームへ移動して
7DK_3095s.JPG
7DK_3102s.JPG
しかし、この車両にこの塗装はちょっと違和感がありますね。
やはり、こちらの方が良いな〜。
無題-スキャンされた画像-28.jpg
2001年の復活塗装101系



posted by 小倉工場 at 21:35| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

来年は戌年・・・

img504.jpg
毎年大晦日には古い写真をということですが、今年は45年前の写真を。
来年は戌年ということで、犬にちなむ列車は無いかと考えましたが、去年の鳥と違ってなかなかなくって、これになりました。今は無き急行犬吠です。昭和47年7月8日撮影 両国駅
この頃の急行列車は殆どが165系とキハ58系になっており、キハ55系は急行には使われていなかったと思います。
img503.jpg
ではなぜ?というと、この車両が二等車格下げの車両だったからではないでしょうか。
このころ急行列車で旅行をすると、あれっ?と思う車両に出くわすことがありました。なんか雰囲気が違うんです。シートの質が違い、座席の間隔が広い。なんか得をした気持ちになり、乗り心地を楽しみました。このキハ26-400もそんな車両だった筈です。
が、しかしです。昔は二等車といえども急行、準急に冷房は無く秋から春までは好いが、夏には冷房が無いというのはやはり敬遠したくなった記憶があります。多分、この列車も先頭のキハ26はガラガラで乗客は冷房の効いた2両目以降のキハ58に乗っていたのだと思います。
自分がこの列車に乗車したらどうしたろうか?今なら間違いなく暑さを我慢するかと思うけど。
この日に撮影した写真を少し
img501.jpg
総武線の快速、中野〜木更津 こんな電車もありましたね。
こちらは、最近復元された丸ノ内線
当たり前の景色でしたけど。
img505.jpg
今年はこんなところで
では、良いお年を!
posted by 小倉工場 at 23:20| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

小湊鉄道

22日 昨日ですけど、小湊鉄道を訪問
初めて訪れたのは3年前のブログにも書きましたが、40年前
(大学1年の鉄研新入生歓迎旅行でしたから正確には41年前)
その後、息子が生まれたころに一回行っているので、30年ぶりです。
でも、いろいろなところに登場している鉄道なんで、なんかいつも身近に感じていました。
img五井.JPG
五井の車庫 好いですよね。
imgキハ.JPG
30年前は自由に工場内に入ってしまった記憶があるのですが、さすがに今は無理
でも保存蒸気の程度は良いですし、一言声をかければ割合自由に構内を歩ける感じでした。
img蒸機.JPG
以前と場所というか並べ方が違うのですが、屋根も付き大事にされていることがよく解ります。
無題-スキャンされた画像-e.JPGこちら、40年前の写真

で、例のトロッコ列車が見たくなり、上総牛久まで乗車
DMH17とDT22の乗り心地はやはりスパルタン!
線路状態も悪いというよりもともと規格が低い感じで、まあ、楽しい揺れでした。
IMG_8777.JPGIMG_8825.JPG
トロッコ列車は一日3往復で、夏休み最初の土曜日というのにガラガラでしたが、時間の関係で乗車はパス
ちょっと歩いて走行写真を
imgトロッコ.JPG
この機関車ですが、ドレインまで出るようにしてあって、スポーク車輪にしてロッドを何とか復活できれば四国のクラウスに匹敵するのではと思いました。形は悪くないと思います。

上総牛久の町はお祭りでしたが、やはり縁日は夕方からなので人出はなく良い意味での田舎の町
IMG_8803.JPG
IMG_8799.JPG
久しぶりに見たナショナル坊や
IMG_8793.JPG
駅に戻ると、改札前に打ち水がしてあり、なんか昭和の時代に戻ったような懐かしい雰囲気を感じてきました。
IMG_8815.JPG

今回はフィルムメイン ライカVfにズマール 広角の写真はキヤノンパワーショットS100(もう古いね。でもよく写る。)
posted by 小倉工場 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

2017年初

遅ればせながら、あけまして おめでとうございます。
2年ぶりの新年初蒸機です。
いつも通り、長瀞へ行こうかと思っていたのですが、秩父鉄道のHPを見たら、1月7日、8日は特別運転で、西武秩父から三峰口までの往復しか走らないということで、危うく空振りをするところでした。
西武秩父発12時19分 入線は11時29分ということなのですが、どういう風に入るかがわからず、西武秩父で聞いたら三峰口方面からの入線ということなので、影森方の踏切で入線を待っていたら、お花畑の方から汽笛が・・・
7DK_1920.JPG
あれっと思う間に目の前を通り過ぎ
7DK_1922.JPG
西武秩父入線のための電気機関車を最後尾につけてましたが、完全なぶら下がりですね。
7DK_1929.JPG

後追いで、隣の影森へ行くと、西武秩父への入線待機をしていましたが、写真を撮っている人が殆んどなし
7DK_1938.JPG
もう、蒸気機関車が走るということだけで人が集まってくるってのはないんでしょうね。
西武秩父への回送発車後、影森で1時間くらいボーっとして戻ってくるのを撮影
7DK_1981.JPG

駅までは登りなんで、そこそこの煙でした。
7DK_1997.JPG

この後はまた後追いで三峰口まで行き、発車を見送り秩父まで戻ってきました。
7DK_2016.JPG

結局C58を追いかけまわした一日でしたが、やはり汽笛とブラストを聞くとわくわくしてしまいます。
なんだかんだ言っても、蒸機はいい!

posted by 小倉工場 at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

2016年最終日

ここ数年、年の終わりは古い写真をアップしています。
今年もなんですが、特にテーマは無し
なんとなくの写真です。
とにかく古いということで、
img363.JPG
1971年3月 飯山です。
私が現役で見た唯一の8620です。
これ以来、8620が一番格好良いと今に至るまで思い込んでます。
続いては、1973年1月3日
img352.JPG
場所は、町屋です。
母方の祖母の家が町屋にあり、この年は、この後浅草、上野経由で帰ってきました。
で、上野駅
img357.JPG
あさまの手前のホーム上に注目ですね。
やまびこのヘッド―マークがあります。
あさまみよ(34)あずさ、ひばりはマルマル(00)と、ときのサンパチ(38)エルの特急
何かの雑誌に出ていたのだと思いますが、これの意味が分かる人はオジサン(笑)です。
続いては、ちょっと後になりますが、房総急行の写真です。しかし、これをどうやって撮ったのか記憶がありません。お茶の水だとは思うのですが。
img375.JPG

今年は、というかここ数年はあまり模型も作らず、古いカメラに嵌ってますが、来年はまた模型の時間も作ってゆきたいと思います。
で、今年の最後は、私を軽便の世界に引き込んだ(と思う)頸城コッペルと45年前の私ということで・・・
では、良いお年を!
img382.JPG

posted by 小倉工場 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

鉄道賛歌に思う

いろいろな方々のご尽力で、けむりプロの「鉄道賛歌」が復刊されました。
私は、元のほうを持っておらず、内容をじっくり見るのは初めて。
で、思ったことを少し・・・
1970年 時はSLブームの真っただ中、東京近郊から蒸気機関車が居なくなり東京駅からお別れ列車が運転、「すばらしい蒸気機関車」の上映等々 当時中一の自分は、国鉄の正式蒸機に夢中になっていました。
で、いつも思うのは、もう少し早く生まれていれば・・・ってこと。
最近はご無沙汰ですが、鉄研のOB会で大先輩が「C51が・・・とかB6が・・・」とか言う話をされるときもそうでした。
しかし、そうではないんですね。
今回の撮影データで当時皆さんが使っていたカメラのリストが出ていますが、そうそうたるもんですね。
IMG_4096.JPG
これらにニコンSPとかですね。
現在、家にあるカメラと結構かぶっているので嬉しくなってつい、なんですが、これらのカメラは今だから所有してますが、40数年前ですよ!
当時、学生がこれらのカメラを使っていたってことは凄いことなんだと思います。
何を言いたいかというと、もしもう少し早く生まれていて、鉄道が、蒸気機関車が好きだったとしても、けむりの皆さんと同じような行動は出来なかったということ。
東京に住んでいるものが、北海道へ行く。しかも汽車の写真を撮るためになんてのは簡単には出来ない時代だった筈です。
私の家庭では、絶対無理だったと思います。いや絶対無理です。
昭和30年から40年代初めの大学生というのは今とは全く違い、日本社会のエリートだったということですね。
今でこそ、「鉄です。」って言えば、ほとんどの人がわかってくれますが、私の世代だって、学生時代は「鉄道が趣味で・・・」と言ってもわかってもらえず、面倒くさいからSLマニアです。とか写真が趣味です。とかいってごまかしていましたから。
それ以前の時代に、しっかりとこのような活動をされていたことに、尊敬と羨望をものすごく感じているということなのです。
最近になって、イベントなどで直接お話をできるようになった方もいらっしゃいますが、当時の世間の状況や、金銭感覚など今度お聞きしたいななんて思ってます。
そこで、ひとつ疑問  
カメラリストにM型ライカが無いということ。
もう発売はされていたはずですが、使われていないのは何か理由があるのか、さすがに当時でも高すぎたのか・・・
posted by 小倉工場 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

2015年最終日

あっという間の一年、最終日の古い写真アップも3回目、今年はボンネット特急をご覧ください。
96年から3年間小松に赴任していて、北陸本線を見下ろすマンションに住んでいましたが、まずびっくりしたのは、ボンネット特急が走っている!というか特急列車の半分以上がボンネット!
東京近辺では「ひたち」以外は全然走っていなかったし、SL、軽便ファンとしてはあまり情報が入っていなかったってのもありましたが、当時としてもタイムスリップ感があった記憶があります。
まずは、雷鳥
無題-スキャンされた画像-01.JPG
この頃の北陸本線は運用の都合などで先頭車の連結器付近の形態がいろいろとありました。
カバー無しはこんな感じ
無題-スキャンされた画像-12.JPG
でも、一番格好良かったのはこの編成!
無題-スキャンされた画像-04.JPG
やはり、この連結器カバーですね。
写真を撮るのに苦労したのは、これ
無題-スキャンされた画像-05.JPG
碓氷峠最後の夏 この場面を撮るためにフィルムはISO1600を用意し、絶対寝過ごさないようにして・・・・
今だったらデジタルで、いくらでも感度を上げられますけどね。
この編成が、上野に着くと
無題-スキャンされた画像-09.JPG
白山になってまた金沢へ

ということで、また来年も鉄道、模型、カメラを楽しみたいと思います。
では、良いお年を!
posted by 小倉工場 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

GW2015

今年の連休は、いろいろあって長野へ行かなかったので、近場をうろうろと・・・
で、毎年参加できずにいた成田詣でへ行ってきました。
さらに今回は、メインのカメラをフィルムカメラにしようということで。
makiba6.JPG
MUFFa.JPG
ライカM5 キヤノン135of3.5 

まきば6.JPG
ライカM5 ズミクロン50of2

キヤノンのレンズですが、非常にコントラストもシャープネスも高いです。
花とか景色を撮ったときはあまり感じなかったんですが、この被写体にはバッチリ
レンジファインダーで内臓の135o枠は非常に小さいものですが、このカメラのは見やすいし、被写体のスピードもこの位だと十分に動きを追うことが出来ました。
ここのことは情報としてはいろいろと知ってはいましたが、やはり楽しい。
機会があれば、また何回も訪問したい所です。

で、念のためというか、一応持って行ったデジタルでの写真はこちら↓
7DK_8843.JPG
7DK_8978.JPG
7DK_8971.JPG
3枚ともEOS7D 70−300 4-5.6L USM
 
posted by 小倉工場 at 15:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

古いネガから2

調子に乗って古い写真を・・・
今回はちょっと新しく、と言っても昭和56年 57年かもしれません。
このときはもう会社に入っていました。
すでに流電はなく、80系を撮りにということで、当時の赴任地、多治見から飯田まで車で行きました。
が、情報は殆どなく、80系の走行写真は撮れず
iida80.jpg
こんな写真しか撮れませんでした。

走行写真もこんなもんで
iida旧国.jpg

これなんか珍しいと思って撮ったのでしょうが・・・
iida旧国2.jpg
ご存知の方、お教えいただければありがたいです。
posted by 小倉工場 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

古いネガから

大学時代に現像だけして切断していないネガが結構あります。
ひょっとすると、伸ばして焼いたことがないかもしれない写真があるかもしれないと思い、何枚かスキャンしてみました。
無題-スキャンされた画像-09.JPG
昭和53年か54年の清里です。当然バブルの前ですから軽井沢や原宿のようなお店も無くて、ハイキングや登山に行く人しか降りないような静かな駅でした。
なぜ、ここに行ったかというと、鉄道写真を撮るためではなく、鉄研の先輩とのハードなドライブの結果着いてしまったというのが本当のところ
当時、ダートを走るのに興味を持っており、秩父から中津川林道を走っていたら八ヶ岳へ抜けてしまっただけのことでした。
でも、カメラは常に持って行って鉄道があれば撮ってはいたんだと思います。
今見ると、なかなかの編成で、キハ52+51+55だと思いますが、車体の大きさの違いがはっきり見えますね。
無題-スキャンされた画像-05.JPG
こんなところもお決まりで行っていますが、今はどうなっているのでしょう。
それと、この車ですが、わかる人も少なくなっているかな〜

その当時、というかその少し前の写真も・・・
無題-スキャンされた画像-12.JPG
昭和52年ころでしょうか、同じネガに台湾から来たコッペルが写っています。
無題-スキャンされた画像-14.JPG
たぶん、整備が完了して入線したばかりだと思います。

無題-スキャンされた画像-16.JPG
この風景も今となれば懐かしいもので、後ろのほうにおとぎ電車なんてのが見えます。
西武山口線は家から割合近かったこともあり結構撮っています。
実をいうと、正式な運転の前から様子を見に行ったりしていました。
このあたりの写真は、またアップしてゆこうかなと思ってます。
posted by 小倉工場 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

初蒸機

7DK_7969.JPG

今年初のSL撮影に行ってきました。
秩父鉄道的には2014年シーズンの最終日という感じのようで、2015年としてはまた3月からスタートのようです。
この時期ならば、煙がなくとも排気の蒸気が白く見えるだろうから結構様になるのではないかという目論見もありました。
定番の鉄橋も最近はほとんど煙を吐かないそうなんですが、どうでしょうか。
7DK_7924.JPG

あと、色ですが、1年経つと好いですね。
秩父のC58は、カキ氷の時に撮ることが多いため毎回ピカピカなんですが、今日はだいぶ艶が取れた感じで、このまま2〜3年使ってくれないかな〜
7DK_7981.JPG
冒頭と最後の写真は浦山口〜影森ですが、思いの外架線柱の数が多くて、ちょっと苦戦
通過時刻は14時過ぎなんですが、冬のため日も低くなってきていてまた夏頃に再挑戦です。
posted by 小倉工場 at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

関西へ

11月第2週は神戸へ
去年は舞鶴経由でしたが、今年は桑名経由
お目当てはこれ↓
7DK_6853.JPG
できれば、眼鏡橋で撮りたかったのですが、うまく運用に入ってくれずでちょっと残念でした。
でも、ご当地在住のMさんにお世話になり効率の良い撮影が出来ました。
本当にお世話になりました。
7DK_6906.JPG7DK_6969.JPG
終点の阿下喜には旧型車がとても良い状態で保存されています。
やはり、好い感じ
IMG_3184.JPG
今回は駆け足でしたが、今度はゆっくりと訪問、撮影したいですね。
posted by 小倉工場 at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

11月です。

11月最初の連休は、栃木方面へ
7DK_6592.JPG
まあ、ここは定番
紅葉は華厳の滝はもう終わりで、いろは坂あたりが最盛期でした。
同行者の目的はもみじ狩りでしたが、私はというと・・・
IMG_3135.JPG
まずは、これ
SLランドとのことですが、内容的には今一に思われ、外から眺めただけ(すみません)
この機関車は、台湾の軽便蒸機でプレートのLDKとは、軽便(light)4軸(D)タンク機関車(K)の意味だそうで、最後がTだとテンダー機関車なのだそうです。大先輩Uさんに教えていただきました。

次は、栃木と言えばやはりここでしょうね。
那珂川清流保存鉄道 行きたいとは思っていましたが、公共交通の便が悪く、やっと念願がかないました。
しかし、訪れてびっくり。
なんと、モノレールまである。しかも懸垂式ですから、このためにぶら下げる施設を造られたとのこと。脱帽というかなんというか。
7DK_6654.JPG
7DK_6656.JPG
7DK_6710.JPG
7DK_6748.JPG
7DK_6771.JPG
7DK_6784.JPG

改めて説明するまでもない車両のオンパレード
原則、動態保存ということですが、動かすということが第一で、完全なレストアとは言えない感じですが、これだけのものを一堂にというのは、やはり圧巻でした。
個々の車両について思いはいろいろとありますが、それはまたあとでゆっくりとにしましょう。

第2週は、関西方面ですが、また次回です。
posted by 小倉工場 at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

色いろと

フィルムの現像が一部上がったので、いろいろと
無題-スキャンされた画像-06a.JPG
ライカVfズマールです。
有名な撮影地なのでご存知の方は多いと思いますが標準レンズで撮ると
無題-スキャンされた画像-05.JPGこんな感じです。
しかし、走ってくる車両をバルナックで撮るのはやはり難しいというか無理
M2いいな〜です。

ところで、大井川の蒸機ですが、好い色してますね。
JRや秩父のとは明らかに違う。
一応国鉄の現役蒸機を見ている者としては現在のJRの機関車は、保存蒸気が特別に動いているという感じですが、ここのは現役蒸機の色合いが感じられます。
塗料が違うのか、日ごろの手入れが違うのか、両方かもしれませんが。
7DK_5975.JPG
好いですね。
posted by 小倉工場 at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

トーマス

行ってまいりました。
大井川鉄道です。
事の発端は、ツイッターでの呟きから。
参加の条件はフィルムライカ持参   3名で、DV Vf M2 M5 が参加となりました。
7DK_5967.JPG
出発前の機関区では、入場料を払えば機関車のすぐそばまで行けるし、子供たちは大はしゃぎでした。
いや、案外親や大人のほうが夢中なような・・・
7DK_5973.JPG
今日のSLはトーマスとC56で、場所を変えてのんびりと撮影が出来ました。
7DK_5990.JPG
しかし、数えたら客車7両!それでもSL乗車券は予約満席とか。
7DK_5999.JPG
C56は煙の大サービス
沿線に撮影のカメラは結構ありましたが、特に罵声も飛ばずで、小さい子供連れの方々は写真撮影よりトーマスが走っているのを見ることで満足って感じでした。

posted by 小倉工場 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

38年前の・・・

この間久しぶりにネガフィルムを切りました。
ネガの保管箱の隣の箱を開けたら、切断していないネガが出てきました。
そのうちの一枚がこれ無題-スキャンされた画像-g.jpg
1976年6月 大原駅 木原線の列車です。
大学鉄研の新入生歓迎旅行の写真で、ホームにいる一団は鉄研のメンバーです。
当時は日曜日に鉄研の行事があるとその晩はすぐに現像し、めぼしい写真をプリントし、月曜日の朝には部室のアルバムに貼る。ということを繰り返しており、面白い写真をアルバムに貼れば、あとはそのままってのを繰り返していたんですね。
この写真をアルバムに貼ったかどうか、記憶がありません。
なぜかというと、キハ17と30 当時は当たり前の風景だったんで、あえてアルバムに貼りだすというものではなかったわけです。
この日は木原線(今のいすみ鉄道)と小湊鉄道を乗り継ぎ、五井から帰ってきました。
その時は貴重と思って撮影したのが↓無題-スキャンされた画像-e.JPG無題-スキャンされた画像-c.JPG

だったのですが、これらはまだ現存していて、10系気動車のほうが貴重な画像 な感じになっているのは・・・
日常こそ撮っておかねばならないんでしょうね。
この日の一連のネガの中にあった1枚 スカイライン2000GT
無題-スキャンされた画像-b.JPG
この旅行で、先輩が乗ってきたものです。(鉄研の旅行に車で参加って・・・ でも当時は汽車くらぶの方々とか鉄道と車も近い関係だったかも。)
当時憧れの車でしたが、なんとタイヤはバイアス、ホイールもあまり恰好よいとは言えないホイールキャップ付きなんですね。
記憶では、パワーステアリングも付いてなかったと思います。あの重い長いボンネットですから、当時はみんな力持?
ラジアルタイヤが標準で国産車に装着されたのは何時、どの車だったのかなんて、また脱線








posted by 小倉工場 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

2013年最後は

2013年最後になっていろいろなニュースが飛び込んできましたが、悲しいものが多かったりして・・・
そんな中で、101系が完全引退とか。
デビューがほぼ私の生まれ年と同じで、当然物心ついた時から身近を走っていて、やはり愛着はあります。
で、元気なころの姿を今年最後のアップとします。
PICT0159.JPG
PICT0156s.JPG

この頃の写真は以前とれいんで中央線特集のときに取り上げていただきましたが、当然白黒で。
今回はこの頃のカラー版 ということで、ほかの車両もいくつかご披露です。
PICT0160.JPG
クモニ13は、高校の下校時にいつも乗ってくる電車の後続を走っていて、各駅に新聞を配っていました。
PICT0157b.JPG
EF13の貨物 当時は珍しくもなんともなくEF10や11のほうが希少感を持っていましたが、そのうち15が入ってきていつの間にか・・・
PICT0158b.JPG
これは珍しくもないかもしれませんが、新宿発松本行き、大きい目玉ということで。

撮影場所は、当時の私の定番の東小金井西方
カメラはペンタックスSP スーパータクマー55oF1.8 
posted by 小倉工場 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

KTR KTR幾たびか

1年数か月ぶりにKTRに乗ってきました。
変な気分です。懐かしいでもなく、日常でもない景色が目の前にありました。
今回は今年から走り出した「あかまつ」「あおまつ」を撮るというのが大義名分でしたが・・・
IMG_9950.JPG
あかまつ
7DK_0006.JPG
あおまつ
7DK_3236.JPG
コミューター車両です。

「あかまつ」は乗車整理券がなければ乗れません。
車内はこんな感じです。
7DK_3241.JPG
一瞬、車内に銭湯があるのかと思いましたが、トイレです。
7DK_3256.JPG
なかなか良い感じの車内です。
JR九州の「ななつぼし」と同じデザイナーだけありますね。

さて、今回撮りたかった写真はというと。
これでした。
7DK_3144.JPG
なんでこんな写真か   う〜ん 書くと長くなるので。
posted by 小倉工場 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする