2024年04月23日

旧客

日曜日に、また秩父へ行ってきました。
お目当ては、そう旧客です。
4月の13,14、20,21と4日間だけの限定でJR東から借りて25年ぶりに旧客を走らせたんですね。
今日は、上長瀞の直線と影森,白久と思っていたのですが、
IMG_1352s.jpg

5K2A7486s.jpg

ここ数年のSL運転日には、あまり撮り鉄も見受けられず、先月の運行開始日にもそんなに人はいなかったのに、この日は全然違って、上長瀞からパレオを追い越せる電車もラッシュ時のような混雑 旧客人気恐るべしです。
これじゃ有名撮影地は大混雑だろうし、どうせどこでもほとんど煙を吐かないんだから、お花畑の周辺で旧客だということが分かる写真を撮れればいいやということにしてしまいました。
そこで、余った移動時間に久々に秩父の町中をちょっとぶらついてみました。
5K2A7584s.jpg5K2A7587.jpg
5K2A7771s.jpg5K2A7595s.jpg

街の雰囲気としては、蔵通り以外の川越みたいな感じがしましたね。

これは、動画からの切り出し お花畑の踏切です。IMG_1355_0359.JPG



最後は三峰口から戻ってきた列車をサクッと

5K2A7637s.jpg


posted by 小倉工場 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月20日

3月は鉄!

3月はJRのダイヤ改正があるので、ニュースも鉄道関係が多くなるような気がします。
東京近辺では千葉に多少の動きがあるみたいだったので、9日に小岩でちょっと撮り鉄
5K2A4310.JPG

5K2A4369.JPG

255系が定期運用から離脱し、NEXが前面塗装を変更して房総特急にも使われるという・・・255系はしっかりと撮ったことが無かったんで。
デザイン的には古いとは思わないんですが、パンタグラフがひし形のやつで、ここを見ちゃうと、う〜んという感じです。

13日には、こんなものも目撃
5K2A4912.JPG


16・17日は池袋で鉄道模型芸術祭に参加
今回は、機回し+リバース線の実演をやったのですが、気づいてくれる人もなく・・・
機回しなんて最近は実物ではほとんどないので、仕方がないのかなーと、ちょっとがっかり(見せ方に工夫が必要ですね。)
5K2A5044.JPG

全体の展示は、あちこちでアップされていると思うのですが、ここ最近特に目立つのが3Dプリンタによる模型製作です。
5K2A5126.JPG
これは同じグループのK氏の1/35のコッペル 素晴らしいディティールです。

でも、こちらも好い感じ
5K2A5161.JPG
大先輩のT先生のペーパー自作です。
どちらでなければいけないという問題ではなく、自分が好きな模型を楽しめばいい。
いまさら言うことではないですけどね。

で、今日です。
今年もパレオエクスプレスが走り始めました。
昨年11月に地元の人がもう今年が最後だ。なんて言っているのを聞いたのですが、何だったんでしょうか???
5K2A5290.JPG
こんなヘッドマークを掲げて秩父駅へ入線
相変わらず、煙は少ないですが、発車時はわずかに吐いてくれました。
IMG_0746_1253.JPG

今日は午後から天気が崩れるということでどうしようか迷って出かけるのが遅れて、いつもの上長瀞の直線まで行けずに秩父駅になってしまったんで、三峰口からの折り返しは、11月に入れなかった影森の橋でと思ったのですが、もうすでにこんな感じで
5K2A5388.JPG
まあ、毎回同じような写真でもしょうがないということで、手前の踏切から
しっかりとした排気音を聞きながら、広角レンズで撮ってみました。
5K2A5502.JPG

今年もまた通いたいと思います。

ということで、今月の鉄はお終い。 かな




posted by 小倉工場 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月03日

2023年 11月3日

去年は行かなかったけど、ここ数年は11月3日は秩父鉄道の日みたいになってます。
今年は、結局RF100-400を導入してしまったので、R7ともども秩父鉄道デビューということになりました。
キヤノンの場合APS-Cで400oということはフルサイズ換算640oになるので、昔からやってみたかった直線でSLを真正面から撮るってのが出来るのではないかと・・・
5K2A8090.JPG

出来ました。
この煙室とキャブが圧縮された写真はやはり500oは必要なのかなーと思います。
いつもは、次の電車でSLを追い越し、三峰口あたりまで行って待ち受けるのですが、そうすると折り返しの浦山口〜影森の勾配を撮るのがきつくなるので、今日は影森駅の近くでお花畑からの登りを狙ってみたのですが、ここ数年は全然煙を吐かなくなっていて、どうにも絵にならないです。

5K2A8099.JPG

5K2A8139.JPG

上のロングショットはピンボケではなく、空気の揺らぎというか陽炎みたいな感じ。
空気が暖かかったんでしょうね。
11月3日は晴れの特異日だそうで、今日もいい天気でした。

で、お昼を食べて、いつもの橋へ行ったのですが、なんと11月末まで通行止め
また、撮り鉄のトラブルがあったか!と思ったのですが、なんでも橋の下(裏側)にスズメバチが巣を作っているとかで、振動で襲い掛かる可能性があるのでだそうでした。
先週も来たという方が、「先週は10月末までと書いてあったので、今日は良いかと思ってきたら11月末までと上書きされていて・・・」と仰っていました。
蜂が居る雰囲気はなかったのですが、万が一のことがあると嫌なので、もう一つ先の橋へ移動
いつもの場所と違い橋の下は直線なのですが、これはこれで良いかなという感じ

IMG_8924.JPG
IMG_8935.JPG

この場所は結構な勾配なのですが、やはり煙は殆どなし、ただ相当な力行なので、蒸気の排気が、煙のようには見えますね。
この場所が好きな理由の一つです。

ところで今日、今年でパレオの運行は終了するという話を聞いたのですが、本当でしょうか?
すでにどこかでアナウンスされているんですかね。
posted by 小倉工場 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月18日

2023 高崎

今年もまた高崎へ行ってきました。
いつもの場所と、気になっていて行けなかったところなど、やっと気が済んだといった感じです。
高崎と言えば、だるま
少林山達磨寺です。
昔はだるまと言えば赤一色だったと思うのですが、今はいろいろな色があり、中々綺麗です。
5K2A6820.JPG

IMG_8504.JPG

この近くに、去年ちらっと見えて気になっていた物件があり、それを確認に行ったのですが
IMG_8535.JPG
これです。
去年は時間もなく通り過ぎてしまったのですが、東武の電車ですね。
東武はほとんど興味が無いのであまり感慨も感想もないです。一応確認出来て納得と言っただけ。

この後、家族と別れ、単独行動へ
やはり、つい行ってしまうのは、根小屋と佐野のわたし

IMG_8589.JPG
根小屋駅 去年は待合室に人懐っこい猫が居て、今年も会えるかな、と思っていたのですが

IMG_8612.JPG

残念ながら、今年の2月に昇天してしまったようでした。


佐野のわたしは何回行ってもこの木橋が好いですね。
IMG_8620.JPG

IMG_8633.JPG

IMG_8643.JPG

日が陰りだしたので、今日最後の目的、デキを見に高崎駅まで戻ります。
途中の踏切で警報機が鳴りだしたので、車を路側に止め、望遠で撮ってみました。
5K2A6867.JPG
最近では、なかなか見られない景色 でもないか

デキの居る西口の駐車場が満車のため、いつもの東口の立体へ駐車したのですが、今年も蒸機を見ることが出来ました。
5K2A6903.JPG
この日は、有料の撮影会があったようですね。
考えてみたら、C6120の実物を見るのはなんと初めてなんですが、この角度からだと模型を見ているようです。
しかし、この重油タンクは大きいですね。

さて、最後の目的です。

IMG_8673.JPG

こちらも実物を見るのは初めてで、割合近くなのに今まで撮ることがなかったのはなんとなく意外というか変な感覚を覚えました。
デキ1はだいぶ錆びていますが、隙間から見えたデキ3はピカピカで、機会があれば走行
シーンも見られればなあ・・・ということで、とりとめもなく今年の高崎はおしまいzzz


posted by 小倉工場 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月04日

C60

一昨日、仙台へ行ってきました。
コロナ前はこの時期に毎年訪問していたのですが、全然気にしていないものがありました。
C601 
2〜3年前に仙台に保存されているというのは知ったのですが、これが、全国に1台しかない保存機と知って、俄然見に行きたいと思いだしました。ご存じの通り、C60はC59をいわゆる幹線から亜幹線へ入線させるために軸重を抑えるための改造をした機関車で、C61やC62のようにD51やD52のボイラーだけを使い、下回りは別物を付けたと言うような大改造とは違うもので、外観だけを言えば、従台車を変えれば、種車のC59とほぼ同じというもの。
C59は私の好きな機関車の一つで、16番の模型でも所有しています。(しかも2両)
C59は、国鉄のパシフィック機 C51〜C57よりも煙室が前面に飛び出していて、急行牽引機としての力強さを感じるものです。
さて、C60 1号機ですが、いわゆるヨンサントーで東北本線が電化され、仙台市へ貸与され、保管場所などの紆余曲折があり、現在の場所に展示されているということです。
県庁方面から定禅寺通りを進むと突き当りにこの機関車が見えてきます。
やはり、D51やC57とは違う風格を遠くからも感じられました。
5K2A4334.JPG

保存状態は、好いです。
やはり屋根があるか否かは大きいと思います。
5K2A4339.JPG
銘鈑関係もしっかり残っていて、これによると、昭和17年に製造、28年に改造されているようです。元の番号はC5927
新造後11年で改造というのは、今の車両よりも短命だなという感じがします。


5K2A4361.JPG

幹線急客機らしい戦前型の長いテンダーを備えたこの機関車が長く保存されることを祈っています。

5K2A4355.JPG

しかしこの背面から見る背の高いテンダーはC59 C60だけのもので、とても格好いいと思うのは、私だけ?


posted by 小倉工場 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月06日

これは・・・

公表しようかどうか迷っていたのですが・・・
img296.jpg

これは何でしょう?
ヒントは、
IMG_2651.JPG

これ(模型ですが)を内側から見ると、こうなんですね。

そうです。DF50のエンジンルーム 写っているのは発電用エンジンのヘッドカバー?です。
大学の鉄研で多度津機関区を見学した際に機関室に入れてもらいました。
さらに、この場所(機関車の中)でエンジンを始動する!という過激なサービス!
さすがに、録音の準備なんて無く、音の記録はありません。(凄い音でした。)

この写真も、普通のカメラを持ち込む余裕はなくローライのE110(ポケットカメラ)での撮影です。

この頃の国鉄は、事前に許可を取ると、いろいろと見せてくれました。
こちらはDD51のエンジンルーム全開 追分機関区です。
img237.jpg
ちゃんと、見学者もヘルメットをかぶっていますが、他の機関区ではかぶった記憶がありません。

今は、車両基地の撮影会は有料で、結構な金額が掛かりますが、やはりいい時代だったということでしょうか。
posted by 小倉工場 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月31日

2022年大晦日

年末恒例の古写真
今年は、昭和50年代から
SLが国鉄線上からいなくなって、鉄道写真から少し遠ざかっていた時代です。
今回は、結構の枚数をご覧いただきます。
まずは
img338.jpg

img351.jpg

北陸鉄道です。
昭和51年夏 当時はこんな電車ばかりだったのですね。1枚目は鶴来 2枚目は今は無くなっている手取温泉ですね。

続いてのは
無題-スキャンされた画像14.jpg
長野電鉄 写真にも写っていますが昭和54年信州中野付近 形式不明
このころからカラーが出てきます。

次は昭和55年
無題-スキャンされた画像1.jpg

無題-スキャンされた画像12.jpg
現役ではないのですが、北恵那鉄道 廃止後2年ですが、山ノ田川駅跡に保存というか放置してありました。

そして
無題-スキャンされた画像-11.jpg
上田電鉄
以前にもアップしたかもしれませんが、好きな写真なんで
無題-スキャンされた画像-15.jpg
無題-スキャンされた画像-10.jpg

そしてこの頃 というかちょっと前の東京では
img313.jpg
img315.jpg
こんなのが走っていました。
行き先表示が、前サボこれが当たり前でした。

以上の車両達、撮影時には珍しいと思って撮ったものではありませんでしたが、やはり40数年の年月は・・・

最後におまけ 昭和52年頃 宇都宮
img423.jpg
img422.jpg
img421.jpg

さらにしつこく 今年は西武山口線の模型が発売になったので
PICT0008.JPG
PICT0009.JPG

それでは 良いお年を!!
posted by 小倉工場 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月29日

根小屋再び

昨年に続き高崎へ行ってきました。(ここ数年で3回目)
去年はMAXが終わり間近で、こちらの撮影が主目的みたいになって、上信電鉄は佐野の渡しの木橋を撮っただけでした。(雨も降っていたので・・・)
今年は、時間も十分あり曇り空とはいえ、雨の心配もなかったので、沿線をあちこち見てきました。
まずは佐野の渡し
5K2A9653.JPG

駅近くの踏切から と木橋上から

IMG_3270.JPG

次は
5K2A9700.JPG

なんですが、今回ちょっと気になることがありました。
根小屋駅 ねごや 住所表示も ねごや なんですが、近くの信号機の表示がnekoyaになってるんですね。そのためカーナビの案内も「ねこや町信号を右折」なんて言ってました。
どっちでもいいことかもしれませんが・・・
今回は駅に猫が居ました。
駅で飼っているようで、寝床であろう段ボールの箱もありました。
とても人懐っこい子で、カメラを構えるとすぐに寄ってきて体を摺り寄せてきました。
IMG_3323.JPGIMG_3338.JPG

そのあとは、線路に近い道を走って馬庭まで。
途中の駅で列車を撮りながらで、いろいろな形式を見ることが出来ました。

5K2A9759.JPGIMG_3389.JPGIMG_3364.JPGIMG_3438.JPG

ただ、今回の高崎訪問はR7のAFと連写性能を確認したいなんてのがあったため、明るいうちにと高崎駅へと戻ったんですが。
駅の駐車場(立駐3F)に車を止めたら、蒸機の汽笛が近くで聞こえるじゃありませんか。
で、フェンスの上からパチリ (背伸びしてカメラを頭上に掲げで、こんな時はバリアングルの液晶は便利)
5K2A9812 (2).JPG
この後、EF64と連結したのですが、動きが無いので新幹線ホームに移動
ところが、ここで目論見が外れ・・・というのも高崎駅では東海道新幹線とは違い、中線を猛スピードで通過するなんてのがないみたいで、AFの食いつき云々なんてのは確認できず。

5K2A9915.JPG
あと、車両ですが、ほとんどがE7系で去年は結構見ることができたE2系は相当本数が減っているみたいですね。(来年3月で完全にE7 W7置き換えとか)
そんなわけで、未だにR7の実力は試せず・・・です。

posted by 小倉工場 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月07日

ウェストエクスプレス 銀河 乗車記

7月最後の週に「銀河」に乗ってきました。
ご存じのように、この手の列車は旅行会社の主催旅行で運行されるため普通に乗車券は買えません。
今回も旅行会社主催の旅行に参加ということになりました。
ただ、嬉しいことに、四季島とか瑞風などのようにべらぼうに高い料金ではなくまあ、納得の金額でした。
銀河は、現在の運行は、京都〜出雲市間の往復で、京都発に乗るか、出雲市発に乗るかを選ぶことになります。
今回は休暇を取る都合上 出雲市からの乗車になりました。

7月26日 7時30分発の「のぞみ」で岡山まで、そこから「やくも」で、松江・出雲市へという予定でした。
ところが、雨脚が激しくなり・・・
_MG_1410.JPG

定刻に発車はしたのですが、間もなく豊橋付近で規制が掛かり小田原付近で立ち往生
結局、大阪到着時点で82分の遅延
乗車予定の岡山発11:05の「やくも」はもちろん次の12:05も怪しい状況になってきました。
その次の「やくも」は13時台にはなく、14:05!
12:05に乗れないと岡山駅で2時間ただ待つということになるわけで、さすがにそれは避けたいという雰囲気で、添乗員の方が車掌さんに掛け合い、岡山駅に連絡を取っていただき、12:05の発車を遅らせていただけるということになり、一安心
ところが、岡山駅に着いたとたん隣のホームにこんなのが滑り込んできました。
DSC_1101.JPG

写真は撮りたいが、乗り換えは忙しく、カメラを取り出すなんてことをしていたら大顰蹙間違いなし。
手にしていたスマホで撮るのが精いっぱい。
まあ、私は見るのも初めてだったので、これはこれで我慢

_MG_1430.JPG

_MG_1440.JPG

一本遅れでも、昼間だったせいか「やくも」の座席は確保でき、かつてのSL撮影のメッカの伯備線 新見・布原を過ぎて松江に到着しました。(例の鉄橋は確認できず・・・)

さて、松江城ではこんなものを発見
_MG_1462.JPG
引き揚げの動力は確認できませんでしたが、現役バリバリですね。
この後、お菓子を買うという家人と別れ、一畑電車を・・・
時間が無くて、沿線での走行写真なんかは撮れませんでしたが一応です。

_MG_1523.JPG

翌日は夕方の乗車のために出雲市へ移動
朝の山陰本線は高校生の通学列車で、キハ40系の4両編成
久々に気動車を堪能しました。
_MG_1787.JPG

出雲市では、お決まりの出雲大社参拝と観光
で、午後3時半にお目当てが入線です。

_MG_1806.JPG

_MG_1814.JPG

16時に発車後は、あちこちの駅で「おもてなし」と称するイベントや長時間停車があり、夜行列車(長距離列車)を満喫しました。

_MG_1843.JPG
_MG_1842.JPG
_MG_1851.JPG
_MG_1901.JPG

乗車したのは、6号車の二人個室でゆったりと過ごせました。

_MG_1823.JPG

DSC_1126.JPGDSC_1127.JPG

_MG_1874.JPG

到着は懐かしい京都駅山陰線ホーム
私の好きな221系との並びも撮れ、「銀河」乗車の旅はお終いとなりました。

_MG_1926.JPG


最後に 車内配布のこのお弁当 最高でした。

DSC_1129.JPG
posted by 小倉工場 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月31日

2021年 12月31日

大晦日です。
今年も古い写真を
今年の秋、50年前に戻れば撮るものが一杯あるよな〜というツイートがあり
50年前は皆SLばかり撮って・・・それに対して、情報が無かったからと返したのですが、
リアルタイムの情報はなく、私は、月刊鉄道誌の記事であちこち動いていました。
1973年の夏前、鉄道ジャーナルに函館五稜郭のD52の記事が載りました。
この夏、北海道旅行を計画していた高校1年の私は、D52に遭うということを第一の目的にしていました。
しかし、時すでに遅く、函館から乗車した急行雷電の窓から見えたのは
img494.JPG
無残な休車あるいは廃車になっていたD52の群れでした。
でも、蒸気機関車は堪能し、こんな経験も出来ました。
img490.JPG

img489.JPG

img492.JPG

で、北海道つながりで、5年後に飛びます。
img496.JPG
夕張線です。
img495.JPG
キハ22222 この頃はまだタラコではないですね。 
img522 (2).JPG

さて、清水沢からは、これです。
img499.JPG
三軸ボギーに乗って 南大夕張鉄道
img497.JPG

終点まで往復  その途中で見たものは・・・・
img504.JPGimg506.JPG

何でしょうね。
どこかの炭鉱で使われていた車両たちなのでしょうか。
炭鉱といえば・・・

img511.JPG

img512.JPG

img513.JPG

太平洋炭鉱でした。

長くなりましたが、よいお年を!!


posted by 小倉工場 at 22:06| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月03日

撮り鉄 2021

去年と同じ日にまた秩父へ行ってきました。
今年はC58も走っているし、久しぶりに上長瀞の直線へ。
ちょっと調べたら、初めてパレオエクスプレスをここで撮ったのが2009年
何回でも蒸機は飽きないです。
_MG_2088.JPG

_MG_2109.JPG
最近は煙がほとんど出ないようで、あまり絵にならないか・・・
でも、今日は天気も良く、貨物の電機も綺麗でした。
_MG_2041.JPG

例のごとく、撮影後次の電車で追い越して三峰口まで行き、音と匂いを堪能しました。
_MG_2163.JPG_MG_2173.JPG_MG_2192.JPG_MG_2192s.JPG
よく見ると、キャブのナンバープレート、ちょっと傾いてますね。www

機回しを見て、また先回りで影森へ
_MG_2213.JPG
さすがに、浦山口からの勾配は大変みたいで、そこそこの迫力はあります。
影森駅への侵入は止まるのではと思うくらいのスピードでした。

こんな風に一日行ったり来たりするときに便利なのがフリー切符なんですが、今日は「長瀞秩父 おでかけきっぷ」を購入
寄居〜三峰口間に限られますが、1,000円で、今日の移動をその都度切符を購入すると1,720円! お得です。

帰りは、ラビューで帰ってきましたが、やっと見慣れてきたという感じですね。
乗り心地は申し分ないんだけど、やはり先頭部がね〜。
_MG_2271.JPG

posted by 小倉工場 at 23:04| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

DD51

image03.jpg

今年のダイヤ改正のニュースは185系の引退がメインのようですが、私にとってはDD51の定期運用が無くなったというほうがショックでした。
DD51というと、SLの淘汰に貢献した大敵で、赤鬼とか呼ばれていましたが、実は私嫌いじゃなかったんです。
というか、隠れファンだった。
だって恰好好いじゃないですか。
キャブの正面、大きな二枚窓 ゆったりとした車長・キャブ それまでの凸型ディーゼルってのは小型がほとんどで機関車というよりも入換用の機械というイメージが大きかったのです。(個人の感想です。(笑))

初めて実車を見たのは昭和45年の7月、五日市での林間学校の帰りにD51507との回送重連で、拝島駅でした。(慣熟運転だったのかもしれません。)
「あ、八高線のSL廃止が近いな」とは思いましたが、それより先に、「これからはDD51が身近に見れる!」というのが偽らざる思いでした。
その秋に八高線から蒸気機関車はなくなったのですが、DD51は結構撮りに行っていました。
それから50年 いろいろな車両が引退していきましたが、DD51は永遠に無くならないなんて、勝手に思っていたんですね。
私の鉄道趣味歴とほぼ同じの運用歴となったDD51に感謝といったところです。

写真は、昭和45年8月 拝島駅でのD51ですが、左にちらっとDD51が写り込んでいます。
実は、これが私の撮った初めてのDD51だ!ということについ最近気づきました。
それと並んで顔が半分写っているのは小学校の同級生だったH君 中学は違ったのですが1年の夏休みまでは一緒に写真を撮りに行っていたんですね。今思えば、私を鉄道趣味に引っ張ってくれた有難い人物です。
お元気ですか?


こちらは八高線でのお気に入りのショット 折原付近
PICT0124.JPG
posted by 小倉工場 at 00:17| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

大晦日

今年も大晦日は古い写真を・・・
ことしは、昭和46年3月の長野から
img684.JPG
まずは中央西線 木曾福島 当時の中央西線でちょっと変わっていたD51862
長工デフ、煙室扉上部切り取りでした。この機関車は現在町田に保存されていて見ることができるのは嬉しいですね。
お次は、デフ付きで有名だったC12199 これも保存されていまね。
img687.JPG
これなんかはどうでしょう。トラ塗りのC56
img685.JPG
img692.JPG
D51792 ナンバーが有名な機関車と1番違い

長野に戻ってimg700.JPGimg696.JPG
長野駅での8620とC56
もう1枚C56129 こちらは飯山にて
img694.JPG

やはり蒸機は好いですね。
では、よいお年を・・・・
posted by 小倉工場 at 23:45| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

撮り鉄

今日は「ちちてつ秋まつり」ということで、三峰口駅でイベント
転車台周辺の整備が完了したのと108号(電機)の引退記念の展示、また今年はSLパレオがなくEL牽引だったのですが
今日は重連で客車を牽くというので、出かけてしまいました。(特別とか重連とかいう言葉に弱い(笑))
IMG_4055t.JPG

IMG_4060t.JPG
まずは、108号の展示のための送り込み列車

本命は、こちらなのですが・・・
IMG_4169t.JPG
割合有名?な撮影場所ではこんな感じで
IMG_4181t.JPG
まあ、密!ですよね〜 マスクをしていない人もいるし、ちょっと一緒に撮る気がしませんでした。

そんなわけで、午後の列車は私のお気に入りの場所 影森駅近くの橋上から
IMG_4259s.JPG

しかし、この客車、2両! 機関車は前後3両! せめて3両にして欲しかった?


posted by 小倉工場 at 20:38| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

大晦日

大晦日です。
例年の古い写真 今年は昭和48年
関東鉄道筑波線
img084.JPG
これはキハ541 元北陸鉄道でデッキがかっこいいと思った車両でした。

実は、今回この日のネガをスキャンするまでキハ40000というか04を見たことが無いと思っていたのですが・・・撮っていたんですね。
img092.JPGimg083.JPG
当時は気動車にはあまり興味がなくただシャッターを切っていただけだってことになります。
全く意識してなかったものが写っている。だから写真は止められない。なんてね。

この日の写真で今でもお気に入りがこれです。
img093.JPGimg090.JPG

撮ったのは高校1年46年前ということになりますが、我ながら良い写真を撮っている気がします。
今のほうが下手というか、感性が鈍っているのかもしれません。

では、良いお年を・・・
posted by 小倉工場 at 21:46| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

ねこや駅

img771s.JPG

正しくは、「ねごや」駅のようですが、どこかで聞いたような駅 現存するんですねこれが。
で、走ってる電車が、
img773s.JPG

img775s.JPG
これで、何ともいい感じです。
上信電鉄 何も調べず、初めて来たのですが、好いですね。
2両編成の電車、きちんと整備された線路、乗客の高校生 ほんの1時間くらいの滞在でしたが、割合近いところなんで、今度はじっくりと訪問したいと思いました。

実は、この根小屋の隣の「佐野のわたし」駅が凄い。
駅が、というより駅のそばの橋なんです。
IMG_8664s.JPGIMG_8666s.JPG
なんと、木橋!
橋脚は鉄ですが、上物というか本体は木造で、人が歩くだけで結構揺れるというもの
これだけでも、再訪の価値がある。と思いませんか?

IMG_8675s.JPG
posted by 小倉工場 at 00:53| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

大晦日

大晦日 恒例の古い写真
今年は昭和47年 48年のもの 
昭和45年10月に東京近辺から蒸気機関車が居なくなって、身の回りには・・・
img969s.JPG
こんな物や
img970s.JPG
こんなものを撮っていたわけですが、昭和47年というと鉄道100年ということで、10月14日を中心として、東京近辺では蒸機の特別運転が頻繁に行われました。
総武線でC571 羽越線でお召を引いたあと、梅小路へ入る前でとっても綺麗な姿でした。
八高線でD51498とD511002 そうです今復活している498号機が八高線を走ったんですね。
実は47年は私は中学3年 高校受験を控えて蒸機機関車どころではなかったはずなのですが、これらはしっかり行っています。(笑)
午前中、拝島で撮影し、午後は進学教室とか・・ 今回お見せするのは1002号機のほうです。
img971s.JPG
img973s.JPG
この頃もまだSLブームの雰囲気は残っていてもの凄い人込みで、写真を見ると凄いところまで人が入ってるし、この写真もちょっと、というかだいぶまずいですね。
ところが、地方ではまだまだ蒸機は残っていて、めでたく高校に進学した私は、昭和48年夏 北海道へ撮影旅行に出かけました。
そこで見た物は・・・
img994s.JPG
本線を蒸気機関車が行き交い、どの駅にも蒸機がいるという夢のような世界でした。
というわけで、今年最後は北海道の蒸機
img991s.JPG
img990s.JPG
img978a.JPG
img976s.JPG
今回は室蘭本線です。この頃の北海道は殆どの機関車がデフ前部を欠き取っていたのですが、このC57144はノーマルのままですね。
ということで、良いお年をお迎えください。
posted by 小倉工場 at 23:36| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

フィルムスキャン

先週末、大学の有志OB会があり古いネガをキャンしました。
40年前のネガですが、何とか画像は判別できます。
当時は露出不足でプリントできなかったものが、何とか見ることができるってのはありがたいものだと思います。
この画像は、昭和52年3月の内部八王子線、日永駅です。
img302.jpg
img301.jpg
撮影当時は、極端な露出不足でプリントが出来なかった写真なのですが、フィルムをスキャンして、いろいろ弄ったら何とか見えるようになりました。

img304.jpg

こちらは、当時の亀山機関区 この頃は、鉄道研究会で見学をしたいと往復はがき(古いね)で見学申し込みをすると、大抵OKの返事をもらえました。DF50の初期型と、量産型の正面の形が違うことに注目!
posted by 小倉工場 at 22:59| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

アルコでアルコを撮る

アルコといえば、どうしてもアルコ(アメリカンロコモティブ製の機関車)が頭に浮かびます。
で、アルコ35でアルコの機関車が撮れないかということでいろいろと考えて・・・
まずは、6400形 16番の模型ですけど、アルコ スケネクタデイの機関車
img609s.JPG
このカメラが接写が効くと言っても50oF2.4の開放なんで、被写界深度なんて殆ど無くて、ボケボケですが、ピントが合っているフロントから煙突あたりはきちんと写ってます。
レンズ性能は良いですね。
それはさておき、次は実物で保存されているアルコがないかと考えたのですが、まずは貝島の弁当箱 でもさすがに九州まで行くのはちょっと難しい。
東京近郊にはと探したのですが、アメリカ製の蒸気機関車って、殆ど保存されていないし、あってもボールドウィン ボールドウィンが悪いわけではないけれどとにかく無い。
確か品川のほうに保存されている西武鉄道の機関車がアメリカ型だったなと思って調べたら、これがピッツバーク製!アメリカンロコモティブってのはスケネクタデイやピッツバーク、ブルックスなんかが一緒になった会社なのだから、これでOKと思ったけど、この機関車はアルコ製とはどこにも書いていない。
要は、アルコの設立が1901年で、この機関車の製造が1897年なので、アルコ製では無いということになるのでしょう。
でも、まあ関連性はあるということにして撮りに行ってきました。
img618s.JPG
京急新馬場駅からすぐの東品川公園 結構昔から保存されており、文献やネットに載っている写真は屋根付で保存されているんですが、近づくと機関車の屋根やドームが直に見えてきました。
どうも最近整備しなおしたらしく、屋根は無くなり柵で囲われてしまっています。さらにこの柵にネットが掛けられ下回りが見づらくなってしまっているという・・・。
img619s.JPG
img620s.JPG
機関車そのものは塗りなおされているようで綺麗でしたが、後部は完全に柵というより見学台のようなものが作られコールバンカなどの特徴的な形がほとんど隠れてしまってます。
でも、放置ではなくきちんと手が入っていることはいいことだと思いますし、19世紀の機関車と言うことはやはり貴重なものだとは思いますね。

写真はすべて、アルコオートマットD  アルコ50oF2.4


posted by 小倉工場 at 21:14| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

古写真

昔(30年以上前)軽井沢の土屋写真店で購入した写真が出てきました。
img557s.JPG
軽井沢か横川の駅構内のものだと思います。
購入時は鉄道の写真だからということで何気なく購入したのですが、よく見ると・・・ED41、ED40、EC40と、もう一両は暖房車ですかね。
この3機種の稼働状況を調べると、大正末期(昭和初期)〜昭和11年の間の撮影だと思いますが、こんな風に3機種が連なるような運用があったのかどうか。
あるいは、何かのイベント?(ED41の新製配置orEC40の引退)で展示状態にあったのか。
購入後数年して、同時代の写真が無いかと訪問したのですが、そのような写真は無く、ずっと忘れていたものです。
そういえば、この写真を購入した頃は、ジョン・レノンの写真なんかも結構あったのですが、数年前に訪問した時にはそれも無かったですね。
この時代について詳しい方があれば・・・
posted by 小倉工場 at 23:24| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする