2014年09月20日

祭りに向けて2014-2

最近の若い人はどうだかわかりませんが、ナローの模型を始める前はNゲージをやっていたという人と16番やHOをやっていたという人の2種類がいます。(両方やっていたという方もいるかもしれませんね。)
私は、16番組なのですが、エッチング板に対する感覚に違いがあるのではと思ってます。
今回、記念板を組んでいて思ったのですが、我々の世代は、エッチング板は素材に等しくて、ケガキを自分でして窓を抜くものという概念でした。これに対して、所謂バラキットはパーツはプレス抜きで、すぐに半田付で組める=きちんと形になる。だったのですが・・・・
IMG_2271.JPG
↑を組み上げて、↓も組んじゃいました。
IMG_2270.JPG
ほぼ1年ぶり作ったワーゲンのキット酒井5t初期型ですが、先ほどの概念 今や逆転ですね。
エッチングキットは誰でもきっちりと形になるが、プレスパーツ、ロストワックス主体のキットは組みにくいものになってしまったようです。
私は、どちらかな〜 まだ今のところは台枠の厚みや、持った時の感触で、バラキットのほうが・・・
なんてことを言っているうちに3Dプリンターがどんどん進出してきているし、10年後の模型製作はどうなっているか。
半田付けなんて特殊な技法になってしまうかもしれませんね。



posted by 小倉工場 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

祭りに向けて2014

あと2週間です。
今年のクリクラのお題、少なくとも1両は作らねばということで・・・
松岡10tです。
IMG_2203.JPG
直線的な造形なので楽かなと思い、作り始めましたが、とにかく手すりが多いし結構パーツは細かいしで、なかなか進みません。
ここまで来て、何とか先が見えてきたな・・と言ったところです。
ヘッドライトなどはアルモデルのパーツセットを購入してあったので塗装のマスキングを考えて接着予定
あとはエアホースと配管、バックミラーの取り付けのみとなりました。
IMG_2208.JPG
この板ですが、さすがアルモデルできっちりと組めますが、難関はカプラー!
ケーディや普通の朝顔でしたら楽なのですが、付属のものは大変で、牧場主さんは歪みに気を付けて、などと簡単にアドバイスをしてくださいましたが、やはり失敗しました。
IMG_2199.JPG
失敗作も並べてお見せしますが、組むには覚悟が必要かと。
いや、私の腕が追い付かないだけかもしれません。  きっとそうです・・・・
posted by 小倉工場 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

色いろと

フィルムの現像が一部上がったので、いろいろと
無題-スキャンされた画像-06a.JPG
ライカVfズマールです。
有名な撮影地なのでご存知の方は多いと思いますが標準レンズで撮ると
無題-スキャンされた画像-05.JPGこんな感じです。
しかし、走ってくる車両をバルナックで撮るのはやはり難しいというか無理
M2いいな〜です。

ところで、大井川の蒸機ですが、好い色してますね。
JRや秩父のとは明らかに違う。
一応国鉄の現役蒸機を見ている者としては現在のJRの機関車は、保存蒸気が特別に動いているという感じですが、ここのは現役蒸機の色合いが感じられます。
塗料が違うのか、日ごろの手入れが違うのか、両方かもしれませんが。
7DK_5975.JPG
好いですね。
posted by 小倉工場 at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月31日

トーマス

行ってまいりました。
大井川鉄道です。
事の発端は、ツイッターでの呟きから。
参加の条件はフィルムライカ持参   3名で、DV Vf M2 M5 が参加となりました。
7DK_5967.JPG
出発前の機関区では、入場料を払えば機関車のすぐそばまで行けるし、子供たちは大はしゃぎでした。
いや、案外親や大人のほうが夢中なような・・・
7DK_5973.JPG
今日のSLはトーマスとC56で、場所を変えてのんびりと撮影が出来ました。
7DK_5990.JPG
しかし、数えたら客車7両!それでもSL乗車券は予約満席とか。
7DK_5999.JPG
C56は煙の大サービス
沿線に撮影のカメラは結構ありましたが、特に罵声も飛ばずで、小さい子供連れの方々は写真撮影よりトーマスが走っているのを見ることで満足って感じでした。

posted by 小倉工場 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

緊急作業

時系列は前後するのですが、頸城コッペルを作っている最中でした。
IMG_1521.JPG
このフードを手に入れてこの組み合わせでうろついていたら・・・
コシナベッサの背面はすべて指がかかるように出っ張りがあるのですが、これがパラりという感じで剥がれました。
実は、この背面の出っ張りはちょっと違和感があったのも事実でした。
でも最初は剥がれたグリップ部分を貼り付けようと思ったのですが、これが全く接着剤を(ゴム系)受け付けません。IMG_1505.JPG

で、今まで興味を持っていたレザーの張替に挑戦
ヨドバシでリペア―キットを購入しやってみました。
割合簡単で、出来上がりの感触も抜群です。
7DK_5797.JPG
こんな感じ

写りはこんなもんです。
無題-スキャンされた画像-22再.JPG
posted by 小倉工場 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

JAM

8月21〜24日は設営日を含めJAMに参加
ここ数年の恒例行事となっています。
一応 頸城コッペルはここまで
IMG_1708.JPG

NGJの今年のテーマはテンダー蒸機ということで、展示スペースはこんな感じになっていました。
IMG_1725.JPG
私はというと、テンダーの付いた軽便蒸機が無い!ということで、隅っこのほうでコッペルなんぞを並べて遊んでましたが・・・・

今年のJAMは、入場券の実質値上げ?も影響したのかちょっと人出が少ないかな、って感もありましたが、やはり普段は見れない模型なんかを持参される方もいらっしゃり、鉄分補給はじっくりと出来ました。
IMG_1680.JPG
有名な方の作品ですが、素晴らしい出来です。

他にもIMG_1704.JPGIMG_1707.JPG
あえてコメントはしませんが、気に入った展示をアップしておきます。
IMG_1613.JPGIMG_1717.JPGIMG_1636.JPG
やっぱり蒸機は好いですね。
これなんか、再生産してくれないかなーなんて思いました。
IMG_1676.JPG
posted by 小倉工場 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

アラン式

今週何とかしておかなければJAMでのお披露目が出来ないってことに気づき(笑)
下回りの塗装を行い、組み始めました。
当麻さんのだから走行は心配ないと思っていたのですが、これが大変!
腕が無い、落ちていると言われればそれまでですが、カシメの向きを間違えたり、ロッドのパーツをぶちきったりと散々・・・
何度手を上げようかと思いましたが、何とか下回りは動くようになりました。
こんな感じです。
http://youtu.be/HoWrF80DTSM
もう少し慣らしと微調整をすればもう少しスローが効くかと思いますが、調整のためにロッドを付け外しするとすぐにロッドのはめ込みがばかになってしまします。
この辺は多少のオーバースケールは目をつぶって、もう少ししっかりしていたほうがいいような気がします。
それから、カシメピンなんかはほんの少しでいいから予備を入れてほしかったですね。
試行用のパーツが入っていてもカシメピンの予備がなければ練習もできません。
しかし、このロッドの動きは好いもんですね。
posted by 小倉工場 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

分解・・・

ついにやってしまいました。
レンズの分解です。
ヤフオクを覗いていたら、NFD50oが1,580円 なんてのがあって、最近ほとんど手にしていないT70を出して来たらなかなかいい感じの大きさだな〜なんてことで、ついぽちっとしてしまいました。
レンズはクリアーとのことで、届いた時は「おっ!」と思うほどの状態で、これはラッキーと思ったのもつかの間 やはりカビの花が咲いてました。
でも、後玉ではないし、ほとんど映りには影響がないだろうなとは思ったのですが、よく見たら後玉にも・・・
とりあえず、試写をとも思いましたが、何とか取れないかってことで、開けてしまいました。IMG_1464.JPGIMG_1465.JPG
レンズ銘のボードをこじ開けると前群のレンズを固定してある枠があり、ここのビスをはずすとレンズが零れ落ちてきます。IMG_1467.JPG

この前群レンズの裏側にカビがあり、何とか取れたのですが、部屋の湿度が高かったためかこのレンズの中の部分が曇りだし、結局これも分解しクリーニング
肉眼ではクリアになりましたが、強い光を当てると、う〜んですね。曇りとか汚れではなく、コーティングの劣化なのかもしれません。
まあ、試写の結果が良ければ、ですが、でも1,580円ですからね。
文句は言えないと思います。




posted by 小倉工場 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

フードキャップ

古いフォーカルプレーンシャッター機ってのは、どうしてもシャッター幕からの漏光ってのが不安ではあります。
普段は必ずレンズキャップをするわけですが、レンズフードを使うときには面倒くさくて、フードにキャップを付けたくなります。
普通の丸型フードならば、たいてい何らかのキャップが使えるのですが、ズマールのフードの場合はそうもゆきません。
で、無いものは作る!ってことでIMG_1256.JPG
作り方は簡単で、IMG_1214.JPGIMG_1216.JPG
こんな感じ。
紙製ですが、効果は十分だと思います。もうちょっと丁寧にって感じもありますが、こんなものなら、紛失や破損しても惜し気はありませんから。

今年は、蝉の鳴き初めが遅かったような気がしていましたが、やっと抜け殻をあちこちで見るようになりました。IMG_1269.JPG

夏の空を話題の飛行機が・・・7DK_5681.JPG




posted by 小倉工場 at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月19日

秩父

IMG_1028.JPG
毎年夏の恒例行事となり始めているカキ氷ツアーですが、今年も秩父になりました。
昨年は鵠沼海岸だったのですが、やはりここの氷は美味しい。IMG_1006.JPGIMG_1009.JPG
最初の写真が、蔵元秘伝氷蜜です。シロップのほかに白餡、梅干しが付いてます。とにかく美味!
朝一で並んで食べ終わると・・・7DK_5450.JPG
これも、毎年恒例になってしまいました。

あいにくの雨模様でしたが、今日、明日と秩父は川瀬祭りで街中は大賑わいでした。7DK_5526.JPG7DK_5571.JPG
秩父は、冬の夜祭が有名ですが、夏祭りもなかなか。
屋台や鉾は夜祭のものとは別の物で、一回り小さいとのことでしたが、お祭り目当てではなかったのでなんか得をした感じ

秩父はいろいろと名産がありますが、私のお勧めは↓
7DK_5533.JPG
モルトウィスキーですが、ヤンキースのイチローとは関係なし。
美味しいですよ。
IMG_3477.JPG





posted by 小倉工場 at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

頸城コッペル2

IMG_0968.JPG
この土日で、ここまでです。
まあ、特に問題もなく組めちゃいます。
しいて言えば、キャブ妻板とボイラーの接合でキャブ側からボイラーをねじ止めするようになっているのですが、どうしてもドライバーが届きません。まあ、ここは接着でもいいかなーと思っていますが。
あとはシリンダーブロック 今回はロストワックス左右一体のものが入っていますが、これを台枠に固定するのに半田付けにするか、接着剤にするか。
結構大きな塊なので、熱でほかのパーツが取れたりしないか、ちょっと心配です。
てなわけで、現在はシリンダーブロックは仮止め状態です。IMG_0964.JPG
それから・・この間の秋田の4tコッペルに比べるとやはりデカいです。
IMONの木曾コッペルとほぼ同じ、って同クラスの機関車だから当たり前ですが。
で、比べて見るとサイドタンクの長さがぴたり同じ・・・
やはりIMONの木曾コッペルはサイドタンクが短いですね。

それはさておき、この手の機関車の組み立てのネジはほとんど1.4oですが、これにしっかり食いつくドライバーがあるなしでは作業効率が全然違います。
私は最近これを使っているのですが、非常に使いやすく重宝しています。
ドイツ製、有名なものなのかもしれませんが、コッペルを組むのには最適?IMG_0972.JPG

posted by 小倉工場 at 00:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

頸城コッペル

IMG_0769.JPG
鶴見方面からの指令などもあり、作り出しました。
まあいつも通り組みやすいですね。ただ、気を抜きすぎて位置決めのための出っ張りを削っちゃたりしてちょっと青くなりましたが・・・IMG_0775.JPG
ここまでくれば走行に問題はないでしょうし、あとはアラン式をじっくりと組まねばなりません。
コッペルって、キャブの下は素通しになっているのですが、これは内側のフレームがあるため外側の台枠に穴をあけても向う側は見えずなので、無理にこだわるのはやめました。
このキットは配管なども太いものは入っているので割合早く出来るかなーなんて思ってます。

キットはさておき、変なものが出てきました。IMG_0735.JPG
これなんですが、CANONの表示があるので、カメラかプリンターの部品だろうと思ったのですが、よく解りません。どうも古いもののようなので、プリンター関連ではなさそうです。
となると、以前使っていたオートボーイのものということになりそうです。
直径40.5oのフィルターにぴたりとはまります。上下の小円のクリ抜きはcds露出計のセンサー部分のためだろうかと思います。
ネットでちょっと見てみたら、マルチ・イメージアダプターというもののようで、画面の半分ずつに多重露出をして合成写真を作るというためのもののようです。
果たして、こんなものできちんと合成写真が作れたのか、作例を見てみたいですね。IMG_0736.JPG
このように半回転して使うようです。
オートボーイは使用不能なので、ほかのカメラで実験できればと思いますが、多重露光って結構難しいんですよね。



posted by 小倉工場 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

38年前の・・・

この間久しぶりにネガフィルムを切りました。
ネガの保管箱の隣の箱を開けたら、切断していないネガが出てきました。
そのうちの一枚がこれ無題-スキャンされた画像-g.jpg
1976年6月 大原駅 木原線の列車です。
大学鉄研の新入生歓迎旅行の写真で、ホームにいる一団は鉄研のメンバーです。
当時は日曜日に鉄研の行事があるとその晩はすぐに現像し、めぼしい写真をプリントし、月曜日の朝には部室のアルバムに貼る。ということを繰り返しており、面白い写真をアルバムに貼れば、あとはそのままってのを繰り返していたんですね。
この写真をアルバムに貼ったかどうか、記憶がありません。
なぜかというと、キハ17と30 当時は当たり前の風景だったんで、あえてアルバムに貼りだすというものではなかったわけです。
この日は木原線(今のいすみ鉄道)と小湊鉄道を乗り継ぎ、五井から帰ってきました。
その時は貴重と思って撮影したのが↓無題-スキャンされた画像-e.JPG無題-スキャンされた画像-c.JPG

だったのですが、これらはまだ現存していて、10系気動車のほうが貴重な画像 な感じになっているのは・・・
日常こそ撮っておかねばならないんでしょうね。
この日の一連のネガの中にあった1枚 スカイライン2000GT
無題-スキャンされた画像-b.JPG
この旅行で、先輩が乗ってきたものです。(鉄研の旅行に車で参加って・・・ でも当時は汽車くらぶの方々とか鉄道と車も近い関係だったかも。)
当時憧れの車でしたが、なんとタイヤはバイアス、ホイールもあまり恰好よいとは言えないホイールキャップ付きなんですね。
記憶では、パワーステアリングも付いてなかったと思います。あの重い長いボンネットですから、当時はみんな力持?
ラジアルタイヤが標準で国産車に装着されたのは何時、どの車だったのかなんて、また脱線








posted by 小倉工場 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

ライトバリュー

古いカメラの解説や記事を見ていると、ライトバリュー方式というものがよく出てきます。
一時期流行し、すぐに廃れたという話ばかりで、今一よく解りませんでした。
このカメラ(リコー519)がこの方式なのですが実物を見ればすぐに納得
要は、シャッタースピードを一段上げれば絞りを一段開ける。そうすれば露出量は変わらないということをカメラがやってくれるわけです。250.JPG
普通のカメラ(普通の機械式マニュアルカメラという意味です)とちょっと違うのがシャッタースピードと絞りリングの間にある2〜16のナンバーです。
この数字(EV値)はシャッタースピードと一緒に動きます。で、普通のカメラは絞りリングがあり、これを回して絞りを変えますが、このカメラは絞りリングはなく固定されている絞り表示の上を矢印が動いてゆくということになります。
上の状態は、250分の一、絞りは4位、EV値は12ですが、シャッタースピードを100分の一に変えると・・・100.JPG
こうなります。
500分の一にすると
500.JPG
操作ですが、露出計で読み取るのは何分の一で、絞りはいくつ、というのを見るのではなく、EV値を読み取り、その数字のところに絞りの矢印を持って行くというだけです。
そのあとは、シャッタースピードを変えたいときは、リングを回すと絞り表示の矢印も同時に動き、適正露出が保持されるわけです。
絞り表示の矢印は適度な引っ掛かりで同時に動くだけで、EV値が大きく変化したときなどは絞りの矢印は自由に変えることができます。
このEV値ですが、単体露出計では普通に測れますし、スマホの露出計アプリにも表示があります。(EV値について詳しくは各自お調べください。)
一昔前のマニュアルカメラのシャッタースピードは250の下は125、60、30、15・・・となっていますが、その前の時代のカメラは250ではなくて200、その下は100、75、50、25・・・だし、絞りも2.8、4、5.6、8でないのも有ったりして、コシナのVCメーターなんかで測光した場合ちょっと迷うことがあります。
そんな時に、このカメラか、EVを基にした早見表があれば便利だな〜と思うのは私だけでしょうか。


posted by 小倉工場 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

トリガーを引け

IMG_0242.JPG

模型復活かと思ったら、またカメラです。
リコー519デラックス トリガー巻き上げのカメラで一番最初に目を付けたリコー35デラックスの系統のカメラです。
2月にヤフオクで入手 見た目は綺麗、動作は問題なしということでしたが、届いたらシャッターが切れない。
ヤフオクの完動ってのが信じられないってのは過去に経験しているのに、懲りないですね。
で、修理に3か月  シャッターのさび、ビスが外れていた、部品が変形していた。とのことで、この状態で動いていたとは考えられず・・・まあ、単なる愚痴ですが。IMG_0245.JPG
これが、稼働状態
巻き上げはこんな感じになります。IMG_0249.JPGIMG_0250.JPG
普通のトリガーは直線に動きますが、これは円運動です。
ベッサと比べると
IMG_0246.JPG

この巻き上げ方式は、初代キャノネットとかキヤノンフレックスなどと同じようで、この頃の流行なのかなと思います。

レンズは定評があるようですが、やはりシャープな写りです。
無題-スキャンされた画像-10a.JPG
私はどうも硬い描写のほうが好みみたいです。
ちなみに、このカメラの発売は私の生年、月が同じなんで、なんか嬉しいな〜と



posted by 小倉工場 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

アル4t

会合が来週に迫り、以前から次はアルカトウ4tかな〜 などと言っていたので、何とかせねばと、この土日で組み上げました。
IMGP0089.JPG
一応、板の段階でマークのある穴はすべて開けてありましたので、少なくともこれだけの手すり関係を付けなくてはならず、組み立てよりもこちらに手がかかるという・・・
このキットですが、とにかく小さいのと、気のせいか柔らかい感じでしたが、寸法的にはしっかりしているので形にするのは7tよりも楽な気がしました。
ボディと下周りは、こんな感じ
IMG_0114.JPGIMG_0104.JPG
一応、穴は全部塞ぎ、室内パーツも付けましたが、軸受けの蓋を付けるか、デカールで表現するか迷っているところです。
IMG_0118.JPG

祭りのクリクラテーマも発表になったし、次々と板を組まねばならないですね。


posted by 小倉工場 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

ゴールデンウィーク後半

ゴールデンウィーク、後半の途中経過です。
例年通り、長野(上田)です。
3日は近辺をぶらぶらで、E7を撮影
あさま525号7DK_2530.JPG
あさま530号7DK_2544.JPG

15分位で、上下2本という効率のよい撮影
この場所まで、車で5分くらいですのであまり撮影をしたという感触が無くて・・・

4日は諏訪方面へ
蓼科の聖光寺の桜が満開で、お花見
ここの桜はまだ若いのか枝が密集しておらず、空が見えて小金井公園の桜とはちょっと違う感じです。IMG_8617.JPG

昼食後は、諏訪湖畔の「原田泰治美術館」〜諏訪大社IMG_8635.JPG
諏訪大社では、虹が出ていましたが、なんか変な位置にでていて、まさか今朝の地震と関係は無いでしょうが・・・7DK_2612.JPG

おまけ 空を飛ぶ、一反木綿IMG_8640.JPG
凧です




posted by 小倉工場 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

ひたち海浜公園

ゴールデンウィークですね。
今日は、ひたち海浜公園まで家族でドライブ
ここの売りは季節の花なのですが、今はネモフィラとチューリップ
どうしてもこの時期は花が行動の原動力になってしまいます。7DK_2326.JPG7DK_2376.JPG
こんな風に咲いてます。
早朝着のおかげで、ほとんど人のいない景色を見ることが出来ました。
一つ一つの花は、こんな感じです。7DK_2372.JPG
去年は、秩父へ芝桜を見に行きましたが、こちらも結構なスケールです。
他にも菜の花、チューリップと・・・7DK_2381.JPG7DK_2440.JPG

実は、ひたちなか海浜鉄道を少し覗けるかな〜なんて下心があったのですが、帰りの渋滞を考えるとそんなことも言いだせずで(笑) また改めて訪問です。
で、模型がらみの話を少し。
最近ですが、久しぶりにデカールの依頼があり、ついでに以前から考えていたものを作ってみました。IMG_8522.JPG
安全の緑十字です。四角の中の十字は市販インレタでも割合楽にできますが、白枠付きの緑十字は、私にはなかなか難しくて・・・
この方法で、カラーのデカールを何か作ってみたいなぁ なーんてね。






posted by 小倉工場 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

今年の桜U

7DK_1881.JPG

やはり桜には青空が似合います。
花曇りなんて言葉もありますが・・・

7DK_1911.JPG
満開です。
今日の小金井公園は大混雑でしょうね。

7DK_1930.JPG
カワセミ君も桜見物でしょうか。

posted by 小倉工場 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

今年の桜

東京の開花宣言から約1週間ですが、武蔵野はまだ一分か2分咲きくらいです。
日曜が雨との予報なので土曜日に小金井公園の状況を確認IMG_7788.JPG
まだ、こんな感じです。

IMG_7774.JPG
ちんどん屋さんが出ていましたが、なんとたてもの園の催し物告知のもので、公園事務所も粋なことをするな〜と感心
しかし・・・
マナーの悪い輩はやっぱりいるんですね。IMG_7789.JPG
こういう注意書きがそれぞれの桜の木の根元にあるんですが、IMG_7784.JPG
こんなのが、あちこちで散見されました。
注意? 私はしません。
字が読めない?理解できない輩に注意したところで、「みんなやっているだろ!」なんて逆切れされそうだしね〜
来週位が満開でしょうが、桜の保護も考えて楽しくお花見をして欲しいもんです。






posted by 小倉工場 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする